FC2ブログ
2010/11/21

Summer Time終了

先週だったかな、アメリカの夏時間(Summer Time)が終わり、アメリカの人たちは、これまでより朝1時間寝坊できるようになった。
しかし、こちらもそれなりに影響(被害?)がある。
アメリカ東海岸のHQとのコンファレンス・コールである。
これまで、日本時間の夜10時からだと、あちら時間の朝9時なので、ま~いいか、という感じだった。
あるいは、逆に、日本の朝9時だとあちら時間の夜8時になるので、そのパターンもあった。
しかし、今度から、あちら時間の朝9時、つまり、日本時間の夜11時がスタンダードになってしまったのである。
これは、ちょっと、つらいぜ。半分寝ながら聞いているはめになる。質問を振られても「へっ?何?」とあわてたりして。
 
そういえば、結婚したばかりのころ、アメリカ人旦那が、
「日本にはなぜサマータイムがないの?」
と聞いた。私は逆に
「なんでそんなものが必要なの?」
と聞き返した。実は、日本でも、昭和20年代に導入されたことがあったのだが、定着しなくて、数年で廃止になった。
その理由の一つが「主婦に負担」というものであったが、不可解な理由だ。これは旦那に説明できなかったが、
「日本人は、みんな、外が明るいうちには、仕事をやめて家に帰らないんだよ」
と言ったら、それは十分納得してくれた。
 
「日本は、すぐ日が暮れてつまらない」
とも彼は言う。それは、そうだ。彼は来日前、アメリカ西海岸で生活していたので、アフターファイブであっても、8時くらいまで明るかった。だから、日本のように、ひたすら会社にいる習慣の無い彼らは、帰宅後も、十分遊べるのだという。人生、楽しまなきゃ、だよなあ。私はそれを聞いてうらやましさを覚えた。
 
日本は、このごろ、5時前でも、もう真っ暗である。
白夜も困るが、こんなに早く日が暮れるのもどうか、と。
 
追記:HQ=headquarters=本社
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

僕は夢に見ていましたが とうとう世界を相手に仕事する事が出来ませんでしたから、こんなお話が大好きです(^^)

ただ残念ながらHQが何か分かりませんでした・・・トホホ(笑)

確かに明るいだの暗いだのに関わらず働く日本人にはあまり意味がないのかも知れませんね。

会社員の頃 なかなか帰らない人達に??と思っていました。
課を任されるようになった時には 課員に仕事が終わったらさっさと帰るよう指導していたアメリカナイズされた僕でした(笑)

No title

日本人が勤勉であり、太陽に感謝する民族ゆえんですね。

傑作
日頃のご配慮に感謝します。

No title

毎日色々な住宅へ行く私ですが
暗くなると近隣への配慮を感じ中々遅くまでできませんね

No title

Daysavingtimeのせいで、FXも1時間遅くなったよ。
夜には弱いので、ちょっと辛いです。

No title

オレゴンのスキー場では、サマータイムだとかで午後一時三十分になるとリフトが止まってしまいます。
もっと滑りたかったゾ

傑作

No title

beanballさん、HQは追記しました。1日の労働時間がおわったらさっさと帰るのが一番いいと思うんですが、日本ではまだまだ、上司が残っていると帰れないとか言う「しがらみ」のある企業も多いようですね。

No title

カマちゃんさん、そういう解釈もあるのですね。

No title

誇り君さん、日が早く暮れる国では残念なことですね。

No title

j1bkkさん、儲かっていますか。

No title

kanazawa sanetokiさんはオレゴンでスキーをなさったことがあるのですか。すてきですね。