FC2ブログ
2019/10/14

アメリカの味、あれこれ

 

image

 

上は「halva」(ハルバ)という、中東が発祥のお菓子。ゴマをすって、砂糖を入れて固めた、レンガのようなお菓子である。これをナイフで削ってちびちび食べるのである。私はそんなに好きではないが、旦那は好きみたい。ユダヤ人にも馴染みのお菓子らしい。

上はゴマだけだが、下はアーモンドも混ざっている。

 

 

image

 

これは、ステーキ屋で頼んだ「チキンスープ」と「chopped stake」だ。

「チキンスープ」というから、澄んだスープかと思ったら、ほぼシチューで、しかもしょっぱいのなんの。

スープ類の塩分は控えめにするという基礎をわかっていないのかな。

chopped、とあるから、私はてっきり、サイコロステーキかと思って注文したけど、なんのことはない、ハンバーグが来た。上にはオニオンリングが乗っていて、横の2つの山はマッシュポテトだったがすごくまずかった。

ウエイトレスさんが何回か「How is everything?」と聞きにくるが、旦那は「good」しか言わない。

旦那のステーキの味付けもしょっぱかったそうなので、何できちんと言わないのか、と聞くと、揉めたくないから、との事。でも、言うべきことは言うべきだ、と私。私の英語力じゃきちんと伝えられないし。

最後に、店のマネージャーらしき黒人女性が味を聞きにきた時は、旦那、ウエイトレスさんではない相手なので、苦情を述べたら、きちんと「厨房に伝えておきます」と言ってくれた。やはり、責任者は違う。こう言う態度には感心する。

 

とにかく、アメリカ人の外食では、野菜がない。

「ワッフルハウス」で頼んだワッフル、ハッシュドポテト、スクランブルエッグ、

 

image

 

馬鹿でかいワッフル、美味しくない卵。芋だけはまあまあだが、刻んで炒めるだけだからね。

Bill君は、マフィンに、グレイビーソースという白くてどろっとしたシチューのような液体がかかったものを食べていた。うまいうまいと言っていたが、私は絶対にごめんだ。

人間、ってやっぱり、生まれた時から食べ慣れたものを美味しいと思う生き物なのだなあ。

私が彼に、日本人の朝ごはんのことをいくら説明しても、典型的なアメリカンボーイである彼には全然わかってもらえなかった。Ritaさんはグルメを自称しているのだが、ワッフルを含め、なんでも「yummy, yummy」と言って食べている。

 

そのRitaが「おすすめの食べ方。美味しいの!」と言って教えてくれたものが、下。

 

スイカのスライスに、モッツアレラチーズのスライスを乗せ、その上からバルサミコ酢をかける、というシロモノ!!

 

 

image

 

味は、ご想像あれ。というか、これを美味しいと思って食べられる人に、お目にかかってみたいものだ。

私は、必死で噛み砕き、ごっくんした。

何を美味しいと思うかは、本当、各人によりけりだ、ということ。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

味を云々する以前の問題?

アメリカ映画などを見ていると、食事のシーンに出てくる料理が
なんでも デカイ! デカ すぎ!

味を云々いう以前の事として
あのサイズは何とかならないのかなぁ~ と?