FC2ブログ
2019/05/27

The U.S. President's Cup was presented to 朝乃山 英樹

相撲は実は大の苦手。
21世紀にもなって、いまだ肥満が奨励され、ちょんまげと尻丸出しで競技させる時代錯誤はなんとかならないものかなあ、と思っている。
しかし、伝統と国技という点では、昨日は非常にありがたかった。男性の国賓をもてなすのに、こんな良い場所はない。
トランプに心酔するアメリカ人旦那、および私は、狂喜して拝見させていただいた。

Trump大統領のTwitter
Tonight in Tokyo, Japan at the Ryogoku Kokugikan Stadium, it was my great honor to present the first-ever U.S. President's Cup to Sumo Grand Champion Asanoyama. Congratulations!  A great time had by all, thank you @AbeShinzo!
(私訳:今夜、両国国技館において、初めてのアメリカ合衆国大統領杯を、優勝した朝乃山関に贈呈できたことは、この上ない光栄であった。おめでとう! そしてアベシンゾウ、あなたのお陰で素晴らしい時間をすごせた。ありがとう!

そして、トランプ大統領によるヒョーショージョー贈呈式。
何よりもかによりも、靴を脱いでスリッパの姿が放送されたアメリカ大統領なんて、空前絶後だ。


Certificate of Commendation ("commendation"は少し噛んだ) (表彰状)
Asanoyama Hideki (朝乃山 英樹殿)
In honor of your outstanding achievement, as sumo grand champion, I hereby award you the United States President's Cup. (大相撲優勝の栄冠に輝いたあなたの業績を祝し、私はここにアメリカ合衆国大統領杯を贈呈します)

May 26, Reiwa one (令和元年5月26日)
Donald J. Trump (ドナルド J.トランプ)
President of the United States (アメリカ合衆国大統領)

Thank you.

朝乃山関、やっぱ日本人の癖で、大統領から表彰状をもらう際、握手されながら、ぺこぺこ頭を下げた。気持ちは分かるが、お辞儀と握手を同時にするのは非常に見苦しく、困ったことである。握手の時はまっすぐ相手の目を見ましょう。

ともあれ、この平成の時代になってもまだ力士になる男子はいるのだなあ。私、せめてあの「ちょんまげ」だけでも廃止したらどうかと、つまり、ショートヘアで戦えばいいのに、と思っている。床山さんが失業してしまうけど。ごくまれに、まげをつかんでしまう反則で負ける力士がいるが、それも未然に防げる。

さて、太った男性が苦手で相撲嫌いであった私だけど、昨日見ていて「おっ、これはイケるかも!!」と思った力士を発掘した。
竜電、りゅうでん、という。


昔の武士のような顔つきがいい。ちょっと応援してやることにした。






 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

大統領が朝の山英樹と日本式に呼んでいました。一方、総理の通訳は名-姓のままで未だ英訳しています。
髷は頭部保護の役割もあるらしいです。
力士は髷が結えなくなると引退となるとも。
竜電は琴ノ若に顔つき体格体型ともよく似ていると私には思えます。

No title

僕はまげはあったほうが良いと思うな。竜電を応援されるなら、つでに炎鵬も宜しくお願いします。

No title

> あづまもぐらさん
なんだなんだ、せっかく文部科学大臣や外務大臣が「姓+名の順に」と言っても、総理の通訳がそれでは意味ありません。
まげはそういう意味もあるのですか。ハゲになると引退ですね。
そういえば、客席にいた金美齢さんがトランプ大統領と握手をしている様子がTVに映っていました。あとで聞いたら作家の門田隆将さんが、金さんと桜井よしこさんを招待したそうで、隣には門田さん、その隣には桜井さんがいて同じく握手をしたそうです。金さんしかわかりませんでした。

No title

> みのXさん
炎鵬。。。。。って、わかりませんでしたので、調べてみたら、170cmない大変小兵の力士であることがわかりました。デブ嫌いなので、小兵力士なら応援してもいいかも。次の場所から、ベイスターズの結果を見るついでに竜電と炎鵬の結果も見てみます。

No title

相撲のふんどしは着衣の変化したものなんだそうです。
昔は着物の上半身だけ脱いで相撲を取っていたそうなんですが、それが簡略化されて褌に変化したようです。
で、ヤクルトの諸葛孔明なんか変。

No title

> 陸奥掃部助さん
え、そうでしょうか。ふんどしの歴史は有史以来だと思っていました。あれが相撲取りがつかんでも丈夫なものに改良されたのではないのでしょうか?
万葉集に、防人だったか旅人だったか、ふんどしの結び目がゆるんで困っている和歌が掲載されているそうです。なぜ自分で結び直させないかというと、ふんどしは妻が結んだので、結び目は妻だけが知っており、帰宅したとき、結び目が変わっていると、浮気を疑われるからだそうです。太古のおかみさんたちは強かったんだなあ、と驚いた記憶があります。