FC2ブログ
2019/05/24

女には絶対わからない痛さ

オリックスから「打てる捕手」として三顧の礼でベイスターズに来ていただいた伊藤光さま。歌舞伎役者のような風貌で、まだ30歳になったばかりの若さだが、もうすっかりベイスターズのかなめとなられた。
しかし、昨日のゲームで・・・・・・・



DeNAは23日の巨人戦(東京ドーム)に4-7と敗れ連勝が4で止まった。

 先発マスクを被った伊藤光捕手が三回の守備の前に、投球練習中だった大貫の球をワンバウンドで股間に当て悶絶。さらに四回には、田中俊のファウルが同じ箇所に直撃し、治療のためベンチ裏に下がった。再びグラウンドに戻り守備についてが結局、五回の守備から嶺井に交代した。

 ラミレス監督は「2回とも本当に悪いところに当たってしまった。特に2回目は本当に痛そうで、彼は頑張っていたがグラウンドに戻すのもかわいそうだったぐらい」と、大事をとっての交代だったことを説明。「明日はまた先発に戻ることができると思う」と期待した。

こういう系の話には読者も食いつきが良いようだが、「痛い」「うわあ」「血尿出る」とか書かれていても、私にはどんなに痛いのか想像もできない。
昔、キャッチャーのプロテクターって股間までカバーしていたような覚えがあるけど、今はそうではなく、膀胱の上あたりまでしか隠していない。ただでさえ野手の中で最も重労働だし、投球や打球を受けやすいポジションでもあって、危険きわまりない。
しかし・・・・
どう痛いの?
非常に聞きづらいのだが、「バット」と「ボール」のどちらに当たる方が痛いの?それとも、当たる時は大体その辺全体に当たるから、区別するほどでもないの?
変な質問で申し訳ないのですが、男性の方々、ご教示ください。
当たりようによっては、血尿が出たり、失神したり、男性機能に支障が出たりするのですか。
伊藤捕手のご回復を祈ってやみません。ご無理なさらないように。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

硬球を使うプロ野球で、特に危険の多いキャッチャーは「カップ」と呼ばれるプラスチック製のカバーで大事な所を守っています。
投球を取り損ねて当てるのは捕球能力が足らないと言われても仕方ないですけど、2度目のファールに関しては防ぎようがありませんからこれは不運でした・・・(-.-)
当たった箇所の激痛はもとより、吐き気や眩暈を起こす事もあるようです。
長く野球をやった僕ですけど、この直撃や怪我するようなデッドボールがなかった事を何よりもラッキーだったと思っています(^^)/ww

No title

何が当たったのか忘れましたが、「ボール」が痛かったです
一瞬息ができなくなって、脱糞したいような感覚でした。
一度しか経験してませんけど

No title

当たった部分が痛むのではなく、臍から10cm位下辺りが棍棒の先で深く突かれた様な痛みがしばらく継続するのです。
これは睾丸が腹膜で覆われている為に起きるもので、睾丸と云うより腹膜に痛みが走ると考えた方がよいでしょう。ただ腹膜は通常腹腔内にあって、睾丸を覆う部分だけが、外部からの衝撃に無防備な為、睾丸が恰も的マトの様に思えるのでしょう。敢えて云うなら鳩尾ミゾオチにパンチを受けるのと近いかな?
とにかく息がマジで止まります。

No title

サオはさほどではありません。
ボ-ルに直撃くらったら下腹部全体に鈍痛が・・・半端な鈍痛ではありません。ピョンピョン撥ねるしかありません・・・・涙。

No title

バットの竿部分は痛感が鈍い部位。
故に噛まれても堪えない。
ヘルメット部分はそこそこ痛感有り。
ボールは変化球握りだけでも悲鳴を上げます。
はい。
https://www.youtube.com/watch?v=rF61_K84kkY

No title

男性の皆様、コメントをありがとうございました。うちのアメリカ人旦那も「Balls are more delicate and sensitive」と言っていましたけど、球技の経験がほぼないので、日本人男性から日本語で具体的なコメントをいただけて、やっぱボールに当たる方が痛いのだと理解できました。 ボールに当たるとそんなに痛いのは、やはり子孫のタネが入っているからでしょうか?しかし、体外にそんな大事なものを下げてあるいていなければならないなんて、男は大変ですね。

No title

精子の保管場所としてあの形態が最適なのです。
パンツを履かぬゴリラと履くヒトの精子を観察すると、ゴリラの方が活発に動くそうです。
でも成人が履かずに出歩けませんから、何が最適かと云うと、自由度が高く風通しのよい越中褌だそうで、ブリーフにジーンズが最悪とされています。

No title

精子は熱に弱いので、製造、貯蔵場所は空冷式になってるんですね。

No title

武道の護身術などで『急所蹴り』を一応教えられますが、よほど条件が合致しない限り、殆んど通用しないそうです。

いわゆる『睾丸』を狙う技なのですが、男性は本能的に急所を守る本能があり、しかも殆んどは成長過程において、急所を痛打した経験があるそうで、その時の痛みとショックは忘れる事はないんだそうな(>_<)
先生の話では、完全に決まった時は3~4分間行動不能で、ただうずくまるしかないのだとか。


しかし決めるのは困難な上、相手は猛獣のごとく狂暴になるため、私の先生は『明らかに命の危険を感じた時に限り』、組伏せられてもがきながら、相手の目を抉(えぐ)れとおっしゃっていました(´Д`)


古武道ヤバス💦

No title

> あづまもぐらさん
冷やしていないといけないと聞いたことがあります。その観点から行くと、大昔の日本人男性の「着ながしにふんどし」という姿が一番ふさわしいと思います。

No title

> 黄昏のアラカンさん
女性の場合、卵巣はおなかの中に収納されていますが、男性の場合は熱に弱いそうで、大変ですね。

No title

> tsubasaさん
急所蹴りがそんなに決まりにくい技だとは。ちかんの撃退方法としてそれが上げられそうですが、むずかしいんですね。私は若い時、性犯罪の被害にあったので、目をえぐれるかどうか、あのときの状況を考えてもちょっと自信はありません。手のひらのつけね、手首の上部分を上にむけて、相手の鼻を下から突き上げる、という防御方法は聞いたことがあります。鼻を打たれると非常に痛いので。自分でもこの感覚は分かります。目をえぐれる自信はないですが、Vサインで相手の目を突くというのはできるかも。