FC2ブログ
2019/05/31

沖縄って日本なのかなあ・・・・

沖縄には「ウチナータイム」という、沖縄人独特の時間感覚がある、と聞いている。
「今日7時から飲み会だからね」
と言われ、本土出身の人間は、6時50分くらいに行ってみると、誰も来ていない。
「まあそのうち来るだろう」
と思って待っていても、開始時刻を過ぎたって誰も来ない
。8時過ぎからぽちぽちと来はじめ、全員揃うのは深夜だとか聞いたことがある
「しかし、ビジネスの場では絶対これはないから。仕事はちゃんと時間通りにしている」
とも、聞いた。しかし、公務員でもこれだ、と知り、ぶったまげ。

春と秋の叙勲、候補者2人の書類が間に合わず 

「沖縄県は21日、今年の春と秋の叙勲のうち県内の文化関係者2人の推薦書提出が間に合わず、「受章機会の喪失を招いた」と発表した。玉城デニー知事は「事務手続きの瑕疵(かし)で県民の県行政に対する信用を大きく損ねただけでなく、文化芸術の振興に長年尽力されてきた文化関係者の受章機会の喪失を招いたことを重く受け止める」と謝罪のコメントを発表した。


 沖縄県は21日、今年の春と秋の叙勲のうち県内の文化関係者2人の推薦書提出が間に合わず、「受章機会の喪失を招いた」と発表した。玉城デニー知事は「事務手続きの瑕疵(かし)で県民の県行政に対する信用を大きく損ねただけでなく、文化芸術の振興に長年尽力されてきた文化関係者の受章機会の喪失を招いたことを重く受け止める」と謝罪のコメントを発表した。
記者会見した新垣健一文化観光スポーツ部長らによると、春の叙勲は昨年6月11日に文化庁からの推薦依頼を受理。県教育庁がA氏、同部がB氏を候補者にあげたが、同部の書類が間に合わず昨年8月8日の期限までに文化庁に推薦書を提出できなかった
 同30日に県の叙勲選考審査会でB氏の推薦を決めたものの、その後も一部の書類が作成できず、今年1月8日に文化庁へ「作成できた書類だけでも提出したい」と伝えたところ、提出期限が大幅に過ぎていたため受け付けできないと回答があったという。
 秋の叙勲についても、昨年12月10日に文化庁から推薦依頼を受け、今年1月28日に県教育庁が同部にC氏を候補者としてあげた。同部は、春の叙勲に推薦できなかったB氏を再び候補者としてあげたが、書類に不備があり手続きが遅れた。その後、県はC氏の推薦を決定して4月に文化庁へ推薦書を提出したが、2月8日の期限から大幅に遅れていたため受理されなかった。
(後略)

春: 2018年6月11日に文化庁から推薦依頼 → 8月8日〆切 → 2019年1月8日に「提出打診」 (注:〆切日から152日後)して断られる
秋: 2018年12月10日に文化庁から推薦依頼 → 2019年2月8日〆切 → 4月に文化庁へ提出して不受理

2~3日の遅れならまだしも、これほど遅れてすら出そうとする神経は、日本人とは激しく異なるなあ。上司もなんとも思っていなかったのだろうか。

ま、世界には、次の電車の到着がいつになるかわからなくてもやっていけている国もあるんだけど、上の例はあまりにもあまりだったので、メモ代わりに書いてしまった。


スポンサーサイト



2019/05/30

崎陽軒「令和弁当」(祝・新元号記念)

みんなで歌おう、「おいしいシウマイ、崎~陽軒!」
さきようけん、ではありません。「きようけん」です。我が横浜のソウルフードであるシウマイ(「しゅうまい」ではありません)を作っている会社です。

6月半ばまで、という限定製品の「令和 お赤飯弁当」です。



野並社長が、「このヒモを解くのがエロチックで良い」とおっしゃっていました。
ちなみに、崎陽軒の弁当のヒモは、工場で1つ1つ作業員の方たちが手で結んでいるのだそうです。



ヒモをほどくと、こんな感じ。輪の中には横浜のシンボル各種描かれている。



包装紙をはずすと、いつもの箸、手拭き、つまようじに加え、ごま塩がついていました。



薄く削った木のふたを外すとこんな感じ。
ちなみに、私は、どんな弁当でも、ふたの裏についたご飯粒から食べ始める貧乏性です。



おかずの量も、お赤飯の量もたっぷり。私は一回の食事では食べきれませんでした。計860kcal。おかずの種類は普通のシウマイ弁当と同じ。960円は、記念品とはいえ、ちと高い。




いつも思うんだけど、付属の醤油とからしの量、多すぎないかなあ。家で食べるなら、余っても他に使えるが、出先で食べると、毎日、毎年、かなりの量の醤油とからしが廃棄されているはずで、もったいない。ごま塩も2食分くらいあった。

シウマイもいいけど、甘辛く煮たタケノコが好きな私。
あんずは最後の最後にデザート。漬物(切り昆布、千切り生姜)は、いまいち。
壺付けたくあんにしてくれないかな。

ともあれ、令和弁当ご馳走様でした。

中華つながりの蛇足だけど、支那本土は、どうして漢字をこんなにも簡体化してしまうんだろう。
「関内」の「門がまえ」が取っ払われている。
台湾の漢字のほうがずっと読みやすい。







2019/05/29

なにが「一般教養」なのか

先日読んだ本(1970年代に出版)に、「ちかごろの若い人に、誰もが知っていそうな一般教養が通じなくなった」と言ったことが書かれていた。
この筆者は、高齢の学者さんで、自分が教えている大学生の話を聞いてから、
「それはまるで『花見酒』だね」
と返答をしても、その学生さんはきょとーんとしていた、という。また、別の学生さんにも、同じように、
「それは『ねどこ』みたいだね」
と言ったら、その某一流大学生の人は素直に「それって何ですか」と聞き返してきた、と言う。

一流大学生でも、熊さん八っつあんが登場する有名な落語の話を知らない、と嘆いていたのだが、無理もないと思う。私の周囲で、落語とか歌舞伎とか「寅さん」の話をする人など、これまでの人生で出会ったことがない。もしかしたら、私が話題を差し向けなかったために話に登らなかったのかもしれないが、ともかく、それらに知識が無いことで、不自由や恥を経験したことがないのだ。

学生なら、テストに出てきそうなことを懸命に暗記するのが、日本に生まれた定めである。
落語の筋なんて、学校でも習わないし、テストにも出ない。よほど親が好きとか何かのきっかけを持たないと、歌舞伎とか能とか浄瑠璃とか寅さんとか、それらがらみのことを知らなくても、生きていくのに不自由しない。

私の父方の祖母は、人から嫌われるために生まれてきたようなクソババアだった。ただの田舎者で、尋常小学校も行ったかどうか程度の無教養者だったのに、知ったかぶりが服を着て歩いていたようなババアで、どうでもよい知識を「私はこんなに知っているんだぞ」と言いふらす(しかも、間違いが多々あった)のが何より生きがいであった。このババアのことを言い出したら、本が10冊くらい書ける。私が子供を生まなかったのも、こんなババアの血を残さないためだったが、私は、このババアの家に、大学1年のときだけ下宿させてもらわざるを得なかったことがある。
このババアの「教養の有無」とは、「歌舞伎の〇〇の助」を知っていることであった。田舎の高校出たての私は、ババアが好きな「〇〇の助」のことなんて当然、1mgも知らなかった。それを聞いたババアは、心底私を見下す目をして、
「お前、大学生にもなってそんなことも知らないのか」
と、思い切り幸せそうに、私を馬鹿にしたのであった。

イギリスだと、「マザーグース」を知っているか、また、それ以外の西洋社会では、公教要理を心得ているか、などが基本的な教養だろうと思うのだが、日本のそれは何だろうか。考えてみたら、教科書に登場した以外「古事記」も「日本書紀」も読んだことがない。支那人だと「三国志」だったりするのかな。

何が言いたいのかというと、「このくらいの一般教養は知っているべき」は、年とともに、時代とともに、変化していくものだと思うので、自分が知っていることを相手が知らないからと言って、人を馬鹿にするのは避けた方が賢明だと思う、ということだ。
これからの世代は、古典より、ネット、PC、スマホ、ゲームの知識にたけていることが必要不可欠となる。若者らはすでに、私より数段上の知識を持っている。それらが「必要不可欠な一般教養」に代替されるのだろうか。


2019/05/28

キジルシ

先日、用事があって横浜家庭裁判所に行ったとき、ぶったまげた。
さして大きくもない家裁の入り口に、空港のような手荷物検査機が設置されているのだ。
もちろん、弁護士とか裁判の関係者としてあらかじめ登録されている(であろう)人物らは、そのゲートを通らなくても良いのだが、一般人は、手荷物を預け、金属探知機の下を通った上でなければ、中に入れなくなっていた。
「いつからこうなったんですか?」
と聞いたら、今年の4月から、という。

裁判所内で、刃物を振り回し、人を傷つけたり、挙句の果てに人を殺したりする事件を、ときどき耳にする。

離婚調停中のアメリカ人夫が裁判所内で妻殺害: https://zatuneta.com/toukyoukateisaibansyosatujinjiken-6821

こういうキジルシらのせいで、余計な税金と人手が必要となる。

今日、川崎市多摩区の登戸で、50代のキジルシが、小学生らを含む18名に刃物をふるうという事件が発生した。トランプ大統領滞在の最終日であることは直接関係ないことだが、同大統領からお悔やみの言葉が出た。安全なことで知られる日本として、ゆゆしく、かつ、恥ずかしい限りである。

無差別殺人、と呼ばれる。なぜ、ひとりで死なないで、人を巻き込もうとするのだろう。
これだけは、どうしても解せないし、許せない。
今回は、犯人のキジルシも、自分でのどを掻っ切り、死んでしまった。自殺する動機は十分すぎるほど作ってしまったからな。

生きたまま逮捕され、国選の「人権派弁護士」が付いて、延々と最高裁まで争う手間と税金は省けたが、犠牲になった小学生の女の子と、39歳の男性のご遺族には、動機の説明も謝罪の言葉もないまま、永遠に葬り去られる事件となってしまった。怪我を負われた方々のご回復もお祈りしたい。
私だって、明日どうなるかもわからないが。




2019/05/27

The U.S. President's Cup was presented to 朝乃山 英樹

相撲は実は大の苦手。
21世紀にもなって、いまだ肥満が奨励され、ちょんまげと尻丸出しで競技させる時代錯誤はなんとかならないものかなあ、と思っている。
しかし、伝統と国技という点では、昨日は非常にありがたかった。男性の国賓をもてなすのに、こんな良い場所はない。
トランプに心酔するアメリカ人旦那、および私は、狂喜して拝見させていただいた。

Trump大統領のTwitter
Tonight in Tokyo, Japan at the Ryogoku Kokugikan Stadium, it was my great honor to present the first-ever U.S. President's Cup to Sumo Grand Champion Asanoyama. Congratulations!  A great time had by all, thank you @AbeShinzo!
(私訳:今夜、両国国技館において、初めてのアメリカ合衆国大統領杯を、優勝した朝乃山関に贈呈できたことは、この上ない光栄であった。おめでとう! そしてアベシンゾウ、あなたのお陰で素晴らしい時間をすごせた。ありがとう!

そして、トランプ大統領によるヒョーショージョー贈呈式。
何よりもかによりも、靴を脱いでスリッパの姿が放送されたアメリカ大統領なんて、空前絶後だ。


Certificate of Commendation ("commendation"は少し噛んだ) (表彰状)
Asanoyama Hideki (朝乃山 英樹殿)
In honor of your outstanding achievement, as sumo grand champion, I hereby award you the United States President's Cup. (大相撲優勝の栄冠に輝いたあなたの業績を祝し、私はここにアメリカ合衆国大統領杯を贈呈します)

May 26, Reiwa one (令和元年5月26日)
Donald J. Trump (ドナルド J.トランプ)
President of the United States (アメリカ合衆国大統領)

Thank you.

朝乃山関、やっぱ日本人の癖で、大統領から表彰状をもらう際、握手されながら、ぺこぺこ頭を下げた。気持ちは分かるが、お辞儀と握手を同時にするのは非常に見苦しく、困ったことである。握手の時はまっすぐ相手の目を見ましょう。

ともあれ、この平成の時代になってもまだ力士になる男子はいるのだなあ。私、せめてあの「ちょんまげ」だけでも廃止したらどうかと、つまり、ショートヘアで戦えばいいのに、と思っている。床山さんが失業してしまうけど。ごくまれに、まげをつかんでしまう反則で負ける力士がいるが、それも未然に防げる。

さて、太った男性が苦手で相撲嫌いであった私だけど、昨日見ていて「おっ、これはイケるかも!!」と思った力士を発掘した。
竜電、りゅうでん、という。


昔の武士のような顔つきがいい。ちょっと応援してやることにした。






 
2019/05/26

昨日首都圏で地震がありました

昨日、15時20分頃、首都圏全体に地震があった。
ベランダを掃き掃除していたら、グラグラっと。思わず「おーっ、おーっ」と叫んでしまった。随分久しぶりだ。最近地震が来ない、というネタを書いたのが5月19日。揺れが大きいと思ったが、神奈川区は震度2だった。



しかし、首都圏と言っても、震源地は、ほぼ千葉県や茨城県。
東京直下ではない。

気象庁の方々は、いつもどおり「今後1週間は余震に注意を」と、有難いありがたいコメント。ああ役に立つなあ。
巨大地震の前触れかどうかは、誰にも分からない。英語でも、天災は「Act of God」(神のしわざ)と呼ぶ。


2019/05/25

松本市

もう1か月以上前の話だが、首都圏で桜が散ってしまったあと、もっと見たいと、あずさに飛びのり、松本城へ行った。




私は子供のころ長野市に住んでおり、松本城は、小学校5年生のときの修学旅行先だった。ひえ~、●●年ぶり。当時のアルバムを開き、クラス全員で撮った写真を旦那に見せ、「Can you find me? (どれが私だと思う?)」と聞いてみたけど、全くわからなかった。10歳じゃねぇ。

お城や桜はもちろん美しかったけど、それ以上に気に入ったのは、市内の至るところに設置されていた水飲み場である。おそらく、北アルプスの雪解け水と思われ、誰でも自由に飲めるのであった。
水の豊かな土地には惹かれる。私は、見ると、飲んで、飲んで、おなかタプタプになった。散歩中のワンちゃんたちも飲んでいた。









↓は、松本駅前の水飲み場。駅前にまでちゃんとあった。



市はこじんまりしており、調べてみたら人口も24万ていど。
ふと思った。
この市には、長野市にある長野高校と双璧をなす進学校の松本深志高校があるのだけど、若者は、どこで遊んでいるのだろう?
中学生くらいになると男女もだんだん色気がつき「グループ交際」なんてのに発展するけど、私の時代は、長野市にわずかにあるデパートとか、繁華街(都会に比べると笑えるくらい小さい)に出たりしていたのだ。しかし、松本駅周辺を見ても、駅ビルはあってもデパートなんてなかった。駅前も「繁華街」ってほどじゃないし。いつもお城でデート?

ちょっと話は長くなるが、ある記事を引用する。ブックマークしておいたら、今はもう削除されてしまっていてがっかりしたが、記憶にしっかり残っている。
話の主は、学生。鳥取県では秀才で、親から「東大へ行け」と言われ続け、ひたすら勉強ばかりし、めでたく東大に合格して上京した。しかし、東大では、周りが「麻布」「開成」「筑駒」などの出身で、予備校時代からもうすっかり顔見知りになっている東京育ちの学生たちがしっかりと輪を作っていた、というのだ。おまけに、自分は田舎で勉強しかしてこなかったけど、彼らは自分と違い、遊びもファッションもしゃべりも上手。東大の先輩たちともツーカー。田舎者の彼は全く浮きっぱなしで、友達もできず、しまいには、あまり大学にも行かなくなってしまった、というのだ。私のように、親の転勤のため地方で育ち、18歳から都会に出てきた者の心に刺さった話だった。

現代は、私の時代と違って、地方にいても情報は難なく取れる。しかし、雰囲気や環境の格差は、埋めようもない。物心ついたころから渋谷や原宿で遊びながら東大に行った彼らとの差。私も大学に入って、東京育ちのお嬢様方とのあまりの差には、泣くしかなかった。

松本市に限らないけど、遊ぶところのない地方で育った若者が都会に出てくると、21世紀、令和のいまになっても、やっぱりひどく劣等感を感じるんだろうなあ。
水の話から、大いにそれてしまった。

2019/05/24

女には絶対わからない痛さ

オリックスから「打てる捕手」として三顧の礼でベイスターズに来ていただいた伊藤光さま。歌舞伎役者のような風貌で、まだ30歳になったばかりの若さだが、もうすっかりベイスターズのかなめとなられた。
しかし、昨日のゲームで・・・・・・・



DeNAは23日の巨人戦(東京ドーム)に4-7と敗れ連勝が4で止まった。

 先発マスクを被った伊藤光捕手が三回の守備の前に、投球練習中だった大貫の球をワンバウンドで股間に当て悶絶。さらに四回には、田中俊のファウルが同じ箇所に直撃し、治療のためベンチ裏に下がった。再びグラウンドに戻り守備についてが結局、五回の守備から嶺井に交代した。

 ラミレス監督は「2回とも本当に悪いところに当たってしまった。特に2回目は本当に痛そうで、彼は頑張っていたがグラウンドに戻すのもかわいそうだったぐらい」と、大事をとっての交代だったことを説明。「明日はまた先発に戻ることができると思う」と期待した。

こういう系の話には読者も食いつきが良いようだが、「痛い」「うわあ」「血尿出る」とか書かれていても、私にはどんなに痛いのか想像もできない。
昔、キャッチャーのプロテクターって股間までカバーしていたような覚えがあるけど、今はそうではなく、膀胱の上あたりまでしか隠していない。ただでさえ野手の中で最も重労働だし、投球や打球を受けやすいポジションでもあって、危険きわまりない。
しかし・・・・
どう痛いの?
非常に聞きづらいのだが、「バット」と「ボール」のどちらに当たる方が痛いの?それとも、当たる時は大体その辺全体に当たるから、区別するほどでもないの?
変な質問で申し訳ないのですが、男性の方々、ご教示ください。
当たりようによっては、血尿が出たり、失神したり、男性機能に支障が出たりするのですか。
伊藤捕手のご回復を祈ってやみません。ご無理なさらないように。


2019/05/23

アライグマを食うかあ~~~????

もう、びっくり。
たまたま入ったイタリアンレストランが、たまたま「ジビエ料理」を得意とする店だった。が、



希少!アライグマのタリアテッレ



ぎょえ~!! 





確かに希少ではあるけど、私は到底頼む気にはなれなかった。
が、隣の男性客が注文したので、しっかり見てしまった。ラスカルは、ミートソースになっていた。

しかし、考え見れば、アライグマも本当に気の毒だ。
TVアニメ「ラスカル」でブームになったアライグマ。売れりゃいい、という動物業者が多数仕入れ、半年くらいたって凶暴さゆえに飼い切れなくなった飼い主らが野に放した。
彼らだって、生きていくのに必死だったろう。
知らない国に勝手に連れて来られ、害獣扱いされ、殺されて、+、まれに、食われる)。
動物業者らはもちろん、みじんも責任を取らない。可哀想でならない。

しかし・・・・  食うかあ~~~~?
メニューを見たら、鹿、猪、鴨、野ウサギ、鳩、熊などの肉を提供していることがわかった。
それらはまあ、OKなんだけど・・・・・

2019/05/22

日本人の名がやっと「姓+名」の順に

私のように、外資系企業勤務歴が長いと、当然のように、世界中から
Momomi Suzuki
と「姓+名」の順に呼ばれてきたが、ずーっといやで仕方なかった。
欧米人のいう「First Name」と「Last Name」という言い方は、井の中の蛙で、傲慢ともいえよう。姓は「Surname」ないし「Family Name」と、下の名は「Given Name」と言い換えてほしい。
ヨーロッパの中でも、わずかに、アジア系の先祖をもつハンガリー人だけは、日本同様「姓+名」の順に名乗るそうで、親しみを感じるが、彼らはハンガリー以外の欧米各国となると、やはりひっくりかえすのだろうか。

日本以外にも、台湾、支那、南北朝鮮、ベトナムなどで姓+名の順に表記するが、世界中では残念ながら少数派だ。ビルマ(ミャンマー)のように姓と名の区別のない国もあるが。

明治のころ、日本に英語教育を導入したとき、「欧化政策」の一環として、日本人の姓名をひっくりかえして名乗らせる指導を始めたそうだ。かれこれ120年になる。すっかり日本人にしみついてしまったが、2002年以降は、文部科学省も、中学英語の教科書で、日本人の名を「姓+名」と表記するよう指導されて、7社中6社の教科書がそうしているそうだ。良い傾向だが、かなり遅きに失した感がある。
日本人やハンガリー人だけが「どっちが姓でどっちが名前だよ」と説明しなければいけないのだろうか。
誤解されない表記の方法としては、

  姓を全部大文字で書く  SUZUKI Momomi
  姓の次にコンマを置く  Suzuki, Momomi
  姓と名をハイフンでつなぐ Suzuki-Momomi

等があるが、口頭で言う場合は説明が必要で、「姓+名」の国にはハンディである。
しかし、英語圏だって、公文書とか電話帳はみな「姓、名」の順だ。案外そういうところは「姓」重視である。

もうひとつ疑問なのは、毛沢東とか金正日のような有名(?)アジア人の場合、海外のメディアも、そのまんま「Mao Zedong」「Kim Jong Il」と、国の習慣そのままに発音してもらえており、さらには、肩書をつけると「Chairman Mao」とか「Mr. Kim」と、姓だということが間違われずに報道されるのはなぜなんだろう。姓が漢字1文字でやたら短いため、姓だと思われやすいせいだろうか。もちろん、支那人や半島人に、英語民族におもねて「姓+名」の順に表記するという発想がみじんもなかったのだろうが(立派)、初動を間違い、しみつかせてしまった日本政府および日本人が、いまからやっと「Shinzo AbeではなくてAbe Shizoだ」と宣伝しても、いつから認識してもらえるやら。
イチロー渡辺謙のような世界的著名人が、
「僕はスズキ・イチローです」「私はワタナベ・ケンです」
とPRしてくれないと。

 柴山昌彦文部科学相は21日の閣議後会見で、日本人名のローマ字表記を「姓―名」の順にするよう都道府県などへ近く通知することを明らかにした。河野太郎外相も各国の主要報道機関に「姓―名」の順での表記を要請すると表明した。文化庁の国語審議会が2000年に「『姓―名』の順にすることが望ましい」と答申したが、浸透していないため、海外の注目が集まる20年の東京五輪・パラリンピックを機に定着を図る狙いもあるとみられる。

河野太郎外相は21日の記者会見で、日本人の氏名のローマ字表記を「名・姓」の順から「姓・名」の順にするよう海外の報道機関に要請する考えを表明した。早ければ6月の20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて要請する方針だ。
 河野氏は、中国の習近平国家主席や韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を「姓・名」の順に表記する報道機関が多いとして、「安倍晋三首相も『Abe Shinzo』が望ましい」と述べた。
 平成12年12月に国語審議会(文相の諮問機関)が、日本の文化的背景に従い「姓・名」の順に変更するよう答申していた。