FC2ブログ
2018/08/30

「たかた」「やなぎた」「なかしま」姓

こんなのは地域差にすぎないんだから、無視していればいいんだ、っと言われてしまえばそれまでだけど、東日本では、

高田=たか
柳田=やなぎ
中島=なか

と、「田」は「だ」、「島」は「じま」と濁音になる。
しかし、これは主に九州でのようだが、「高田」は「たかた」、ソフトバンクのトリプルスリー男も「やなぎた」、そして「中島美嘉」の「中島」も「なかしま」と、濁音にならない。
あの、ジャパネットの先代社長が、かん高い声をはりあげ、長年、「たかた、たかた」と叫び続けていたので、あの会社のあれは「たかた」と濁らずに読むのだということは脳に刷り込まれたけれど、でも、何べん聞いても、何年聞いても、私のように東日本でしか育っていない人間には、濁音で言われないと、歯が1~2本抜けているみたいに聞こえてしまう。濁音にした方が発音しやすいと思うのだが、九州の人たちは清音の方が発音しやすいのだろうか。
しかし、鹿児島出身の元歌手、高田みづえは「たか」と濁音だったけど、あれは本当は「たかた」だったのだろうか?

「高田」を「たかた」と読むのなら、「山田」「池田」「島田」なども「やまた」「いけた」「しまた」と読まないと統一が取れないと思うのだが、そういう読みの姓は聞いたことがない。「中島」が「なかしま」なら、「小島」は「こしま」でないのも同様。なんで、全部ではなくて一部の姓の読みが濁音にならないのだろう? それはそういうものだ、と言われてしまえばそれまでだが、不思議。


スポンサーサイト



2018/08/29

急にやり玉に挙がった「ストロー」

消費者や一般株主向けのアピールなのかもしれないが、このごろ突如として「ストロー」が環境汚染のやり玉に挙がり、スタバなどがストローを取りやめる方針だと発表した。
どうも、腑に落ちない。
それは、使い捨てのものを少なくする努力は、いいと思う。しかし、なぜ突然ストローばかりやり玉にあがるのだろう。同じプラスチックなら、lid(ふた)もなぜ問題にされないのだろう。
さらにさらに、コーヒーチェーンだけでなく、ファストフード店で一回食べたあとのあの大量のごみ、あれ全体も議論しないとおかしいのではないか。

今後、コーヒーを出すにしても、イートインは全て、洗って何度も使えるマグカップを使用する。フォークも使い捨てでなく、金属のものを洗って何度も使う。
テイクアウトは、原則として、マイボトルを持ってくる人のみに提供する、とか。あ、そうしたら売り上げは急降下だなあ。
とにかく、一度口を付けただけで捨てるというカルチャーというか制度は、ほとんどアメリカから来たものだ。そのアメリカが、何をいまさら、という感じだ。

私が幼かったころは、お豆腐を買いに行くとき、ボウルを持っていった。あれが懐かしいなあ。
いまの豆腐屋さんは、豆腐容器とレジ袋にガンガンくるんでくれるけど。
2018/08/28

乳がん

ついこの間、乳がんの検査「マンモグラフィー」を受けてきた。

私は胸がでかいので、胸を引っ張る余裕はたくさんあるが、それを2枚の板の間ではさんで、のして、には、非常な苦痛を伴う。ぎゅーっとはさまれ、つぶされて、撮影。痛いのなんの。はさむ余地のない貧乳の人には無理な検査だろう。
あと、来月はエコー検査も受ける。両方ともかかりつけ婦人科医の指示通りなのだが、そこまで受けてもなお、発見されない場合もあるのは知っている。北斗晶さんなんかがその例。しかし、北斗さんは無事生還された。

「ちびまるこちゃん」の作者であるさくらももこさんが、乳がんのため亡くなっていたことがわかり、日本だけでなく、支那や台湾など、諸外国にも衝撃が走った。どのTV局も、局の垣根を越えて、ちびまるこちゃんのアニメの一部を流し、その死を悼んた。

女性の11人に一人は乳がんにかかる計算だという。案外、多い。
乳がんは、あらゆるがんの中でただ一つ、自分でさわって発見できるがん。
さくらさんは、なにがきっかけで発見したのだろう。

がんから話はそれるが、さくらさんは、合併前の「静岡県清水市」出身である。しかし、清水市は、2003年4月1日から、静岡市に合併され、「静岡市清水区」になってしまった。地元愛の強かったさくらさんは、「清水市」に、さまざまなイラストを提供したりして貢献なさっていたけれど、合併後は、それが、対「静岡市」にならざるを得なくなってしまったのは、ご本人とても、なんというか、不本意で、忸怩たる思いであったのではないだろうか。
「あたしゃ清水っ子であって、静岡っ子じゃないよ」
とでもいうまるちゃんのぼやきが聞こえてきそうだと、いつも思っていた。

昨日、不治テレビとサザエさんネタを書いた直後の訃報で、驚いた。
ご冥福をお祈りします。


2018/08/27

サザエさんすら1ケタの視聴率 不治テレビはどこへ

今日ちらっとこんな記事を読んだ。


いわく、国民的番組として50年近く親しまれてきたあの「サザエさん」ですら、最近は視聴率が一桁を記録するようになってきたとのこと。

「『現代の家族像とかけ離れている』『フネや波平の声優が替わって違和感がある』『フジテレビ自体に元気がない』などなど、視聴率低迷の理由についてはいろいろ言われていますが、そもそもサザエさんをオンタイムで観るという習慣自体がなくなってきています」(テレビ誌ライター)

ふむふむ。それに、もう、飽きられてきたかもしれない。
サザエさんまで低視聴率で打ち切りになったら、不治テレビにはもう売れるコンテンツが何もなくなる。

聞いたところによると、不治テレビは、あの、NHKを退社したドル箱アナウンサーの有働由美子さんに、
「移籍金3億円、1番組150万円」
という、破格の出演料でニュース番組へのスカウトをかけたそうだが、案の定断られ、彼女は日テレ「ZERO」に出ることになった。日テレは、多分、不治テレビほどには移籍金を出してはいないのではないか。有働アナほどの人なら、10億円積まれたって不治テレビには出ないだろう。

数字の取れるコンテンツにも欠き、出演交渉も嫌われ、今後不治テレビは「閉局」に追い込まれるのだろうか。
だったら嬉しい。あの国の法則がじわじわ効いてきている。
2018/08/26

出川の海苔

近くではないけれど、同じ区内にある、海苔問屋の「蔦金商店」。
タレントの出川哲朗の実家である。

こんな海苔が、JRの駅の売店にも売っていたので、笑いのタネに買ってみた。
海苔の入れ物に貼るには、あまり、食欲の出る顔ではないかもしれないけど(笑)、でも、一昔前までは「抱かれたくない男ランキング」の常連だった彼も、最近はすっかり好感度タレントに変身した。
浜っ子の出川、応援しているよ。




2018/08/26

スルガ銀行定期預金解約

これまで、宝くじを自分で買いに行かなくてもすむため、スルガ銀行の「宝くじ付き定期預金」を持っていた。
いまの時代、定期預金など、ゴミのような利息しか付かない。その点、西銀座の宝くじ売リ場まで買いに行ってくれて、預金300万円につき1袋(10枚)の宝くじを送ってくれるこの定期預金は、実質的に、定期預金の利率に加え、3000円の金利が付いたことになり、ありがたかった。たまーに、たまーに1万円が当たり、年に1回は3000円が当たった。しかしそれ以上はなかったけど。

しかし、「かぼちゃの馬車」事件が起こったときに、一部解約し、ペイオフの範囲内(900万円)に抑えた。しかししかし、同銀行の株価のストップ安を聞いて、いくらペイオフの範囲内であっても、面倒なことになる前に、と、全額解約してしまった。

他の銀行の普通預金に振り込んでもらったら、すぐさま電話がかかってきた。
「当銀行のおすすめする投資のご説明をいたします」
って、銀行のお勧めする商品は逆にあてにならなそうで、適当に話を聞いて電話を切ってしまった。


全然関係ないけど、夏だというのに「きゅうり」が高い
100円で2本買えない。この間見たときは、青森県産で1本82円だった。
ひえ~~っ。


2018/08/25

障害者雇用率水増しの件

最近、中央官庁が、障碍者の雇用率を水増ししていたことが発覚し、たたかれている。

私は、かつて勤めていた米国企業の人事部で、障害者雇用関係の仕事をしていたことがある。なので、この話は他人事とは思えない。

雇用率は、法律で定められている。以下はこの4月からの数字だが、
民間企業 2.2% (私がやっていたころは1.8%だった)
国、地方公共団体等 2.5%
教育委員会  2.4%

しっかし、正直言って、こちらが雇いたくなるような障害者なんてまず存在しないのだ。頭がちゃんとしていて、後は、例えば、車いすに乗っているとか義足だとかいう障碍者がいたら、争奪戦になる。頭の不自由な障害者を雇えるほど懐の深い民間企業など滅多にない。そして、私は外資系企業にいたから、Job CategoryはすべてUS本社で決められ、障碍者枠なんてなかった、「ない」と役所に言うと「だったら作ってください」と言い返された。なので、官庁が必死に水増しする気持ちは、不正ではあっても、わかるのである。

私が人事部でしていた仕事の一つは、この障害者雇用率を年1回集計し、1.8%に満たない分の懲罰金を支払うことだった。この懲罰金は、たとえば、障害者が働きやすいように、入り口に手すりや車いすのスロープを付けたり、駐車場費用や障害者用に設計された住宅の賃貸料の補助に(おもてむきは)回されていた。私が勤めていた当時もいくつかそれを使わせていただいたことがある。

しっかし、しかし、私が一番腹が立っていたことは、その、障碍者の雇用を促進する役所(私の当時は名称は違っていたと思うが、今は「独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構」)で働く人たちが、まあ、天下りと思われる爺さんばっかり!!だったのである。いつ報告や相談に行っても、見渡す限り爺さん、爺さん、爺さんで、私は思わず窓口で、
「こういう組織だからこそ、障害者をメインに雇わないんですか?」
と聞いてやったことがある。そうしたら、窓口の人は、何人かいますよ、みたいな返事をしたが、どう見渡しても、健常な爺さんしかいなかった。

年に1回開かれる、報告書の書き方の説明会の時だって、壇上に上がるのは爺さんばっかだったし、書類の説明の担当者なのに、やたら、
「字が細かい、字が細かい」
って、老眼じじいが壇上でぼやき続けるのを、出席者(ほとんど若手人事担当者ばかり)は、しらぁ~~っと聞いていた。

障害者を雇用する義務を民間企業に課すのは、社会保障費を減らすのと、企業の公的責任を果たすのと、さまざまな目的があることはわかる。
しかしだね、こういう窓口の役所に、天下りの爺さんばかりかかえていて、そりゃ説得力はないでしょう、いったい収めた懲罰金は、余ったら何に使っているんですか?と突っ込みたかったのを覚えている。
役所が雇うのは、まずもう、身内とその関係者からだということを、強く学んだ。

2018/08/23

鬼畜は鬼畜、少年でも絶対更生しない

この記事を読んで、立腹しない日本人はいないだろう。


あの、「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の犯人の一人である、湊伸治(45歳)が、殺人未遂でまた逮捕されたというのだ。
「野獣に人権はない」として、16歳でも実名報道をした当時の週刊文春の判断には国民が拍手を送ったはずだ。このクソは、手厚い少年法に守られて、たったの4年から6年の不定期刑にしか処せられなかったのだ。それが、今「無職、45歳」でまだ巷を自由にぶらぶらできて、何があったかわからないけど、32歳の男性を警棒で殴り、首を刃物で切り付けるという凶行を平気で犯すのだ。

日本は、少年に甘すぎる。どうやっても、こういう、根っから腐っているクソは絶対に更生しないのである。
これを機に、無期懲役で表を歩けないようにすべきだ。

この、女子高生コンクリート詰め殺人事件のくだりは、読むに堪えない。Wikipediaにも「猟奇的なので」と注釈がついていたはずだ。美しい17歳の女子高生が、犯人の自宅の2階という、下に両親が住んでいるのに、4人で寄ってたかって殴る蹴る、レイプする等の暴行を40日にわたって受け続け、遺体は「目がどこにあるのかわからないほど顔が腫れ上がり、膣の中にはオロナミンCの瓶が2本入っていた。最終的な死因は、『あまりのつらさに、脳が死ぬことを選んだ』」と所見されたほどの凄惨さだ。
このクソの両親は筋金入りの共産党員で、事件後は家を片付けて夫婦ともどもどこかにばっくれてしまったという。共産党は、すぐこの夫婦の除名処分をしたけど、そんなものは屁の役にも立たない。
この夫婦、自分の家の2階で犯罪が行われていたのに、なぜ40日も放置できたのか、わけがわからない。共産党員だから、リンチ慣れしていたのだろうか。

ともあれ、このクソは二度と外を歩かせてはならない。
日本は、性犯罪者にGPSもつけない。被害者の人権はどうなっているのだ。一度、弁護士や裁判官が被害にあってみないとわかってもらえないのだろうか。

2018/08/22

日本人なら名前は「姓+名」の順に

いま、インドネシアで水泳のアジア大会が開かれているのだが、アジアの大会なのに、日本人の選手名が、
「Daiya SETO」
のように、「名+姓」の順に表記されている、しかし、支那人(そして、見ていないけどおそらく韓国人も)選手の場合は、「WANG Shu」と、きちんと実の発音通り「姓+名」の順に表記されている。
日本人は、海外に出ると、どうしてこうも簡単に「姓+名」の順にひっくり返してしまうのだろう。
トランプ大統領だって、北のカリアゲ君のことを「キム・ジョンウン」と呼んでいる。なのに、安倍総理となると「シンゾー・アベ」だ。どうして日本人は、せめて、アジア圏内では、「SETO Daiya」のように名前を表記しないのだろう。この競技会のように、姓は全部大文字、名は冒頭だけ大文字であとは小文字、にすれば区別は一目瞭然で、勘違いされないのに。

とはいうものの、私も、長年外資系に勤めてきて、名乗る時はつい「名+姓」の順にしてしまっていた。というのも、メールアドレスだって「名+姓」の順に固定されているし、一人で反逆しても説明に苦労するからだ。
しっかし、アジアではせめて「姓+名」の表記にしてくれないか。日本人は自分の姓名に誇りというものがないのだろうか。日本人以外の外国人は、日本に来て誰か「私はトランプ ドナルドと申します」のように、姓と名をひっくり返すだろうか。

ハンガリー人は、元がアジア系だったため(だから、ハンガリー人の赤ちゃんのお尻に蒙古斑が出るそうです)、ヨーロッパの中でも「姓+名」の順に名乗る稀有な国だが、彼らはどうしているのか知りたい。

2018/08/21

秋田県

秋田県の高校が、甲子園の決勝戦にまで勝ち上がるとは到底信じられなかった。
毎年、甲子園では、「秋田県代表=初戦敗退」が当然だったのに、「このままではいけない」と、秋田県の高校野球レベルを上げるプロジェクトまで組まれていたそうだ。
この活躍ぶりに、地元では遠征費用の寄付が相次いでいるという。良いニュースだ。

私の母は秋田人。しかし、過去にもたびたび書いてきたけど、秋田にはちっともいい思い出がない。母でさえ、自分の里を嫌って、もう数十年もご無沙汰している。いとこたちなんて、今、どこかですれ違ったって絶対にわからない。

秋田県は、日本一の「消滅危惧県」としても知られている。
これは、ファイナンシャルプランナーの会報に出ていたデータだが、同県の人口予測は、今後、

2015年 1,023,000  
2020年    956,000 (減少率 -6.6%)
2025年    885,000 (減少率 -13.5%)
2030年    814,000 (減少率 -20.4%)
2035年    744,000 (減少率 -27.3%)
2040年    673,000 (減少率 -34.3%)
2045年    602,000  (減少率 -41..2%)

と、青森県や高知県をしのぎ、日本で一番消滅してしまう可能性が高い県、とされている。

そんな中で、彼らの活躍は、県民にとって一筋の光となっていることだろう。
今日の対戦結果はどうなるやら。

彼らの宿舎には、あきたこまちが200kgも差し入れされている、という。
そうだそうだ、日本の男の子は、米をがっつり食ってなんぼだよ。米を何杯もお替りするのを見ているのは、気持ちが良い。炭水化物抜きダイエットなんてくそくらえ、と思っている私なのでした。