FC2ブログ
2016/07/31

ミーハー丸出しで小池百合子を見に行く

昨日の午後、渋谷のハチ公改札前で、保育士らしい女性たちが多数立っていた。若い人から年老いた人まで、かなりの数だった。手には「保育士の給料アップを」「保育所増やせ」などと書かれたものを持っている。そして、不思議でたまらなかったのは、長い横断幕に「鳥越さんに投票を」とあったことだ。「都政なんて知らない」「三日あればわかる」「がん検診100%」など、付け焼刃の公約だけでひょっこり出てきた鳥越なのに、保育士や保育所増設を訴える女性らが、なぜ保育所オンチの鳥越支持を訴えるのか、わからない、というより、「胡散臭い」の一言だった。女性に人気が無く、「都立保育園を」などと言ったらあの橋下さんから「公立と認可の違いもわかっていないのでは」と批判された鳥越。そこをフォローするために、サクラとして雇ったのではと推測するが、あまりにもわざとらしく不可思議な光景であった。騙されないよ。バカな女たちだね。

私は神奈川県民なのに、ミーハー丸出しで、小池百合子を見に行こうと、そのまま新宿に向かった。17時から西口で演説があるとネットで見たのだ。着いたら、山口敏夫が演説していた。結構聴衆が集まっていた。この人、都知事に立候補したのに、しまいにゃ小池百合子に入れてくれ、なんて言い出した。大丈夫かな。上杉隆氏も一緒に演説していた。



小池氏の登場は17時から。しかし、「来賓のご挨拶」が大好きな日本人の悪い癖で、おびただしい数の聴衆が立ちっぱなしで小池氏を待っているというのに、



こういう、豊島区長、とか、○○区都議会議員、とか、笹川堯元議員とか、小池氏を応援する人たちが、入れ代わり立ち代わり、演説をする。特に、区長や区議会議員らは、自民党都連(石原と内田)から「小池を応援したら除名する」と脅迫を受けているにもかかわらず、応援に歩いている「7人組」を構成しているので、自分の名前と勇気をアピールせずにはおれないという心理はよく分かる。しかし、長時間立ちっぱなしで小池氏の登板を待っている聴衆の心理も考えたらどうか。
やっと終わったか?と思ったら、次には、都議会の補選に出る予定と言う34歳の男性のスピーチがあり、それがやっと終わったかと思ったら次にはまた若狭勝議員の演説があり、もう、いい加減にしてくれんかな、と飽き飽きしていたら、やっと小池氏が登場した。



しかし、小池氏の演説、つかみ方が下手だと思った。同じことをあちこちで繰り返して話しているし、ご自身も疲労困憊しているのだろうとは思うが、具体的な政策にはなかなか触れなかったし、しょっぱなからもっと聴衆をつかみに行ける話をしてもよさそうなのに、と思った。舛添揶揄をもっと言うかなと思ったら、「都民1350万の命を預かるんです。湯河原なんかに行っている暇はないんです」という言葉がやっと。冒頭だけ聞いて、早くも帰り出す聴衆が結構目についた。私も、早く帰りたくなったので、さんざん待ったのに帰宅することにした。小池氏は元キャスターだったので、話をすることについてはプロだったと思うのだが、ちょっと疑問に思った次第。ま、私が聞いたのはほんの一部だったから、それをもって判断してはいけないのだけど。

そういえば、失脚した舛添さん、いまごろどうしているのかな。
スポンサーサイト



2016/07/30

高校野球の予選ってこんなに人気あるんだ

午前中は歯医者にて定期健診だった。
歯医者はわざわざ電車に乗って関内まで行くのだが、こんなふうに、



関内駅に崎陽軒の臨時出店があるときは、ハマスタに何か催し物があるときである。
iPhoneで調べたら、高校野球神奈川県予選の準決勝があると判明した。


対戦カードは、この2つ。
わたしは生来の神奈川県民ではないので、高校の名前にはひどく疎い。
桐蔭と桐光?似たような名前で区別がつかない。
それに、慶応がなんでこんなに強いんだ?桐蔭もそうだと思ったけど、同じ学校下に、勉強の得意な生徒を集めた部門とスポーツの得意な部門が分かれているのかしら?

私が歯医者を終えたらちょうど11時ちょっとで第1試合が始まっているころだったけど、球場の隙間から中を覗くと、すでにスタンドは一杯一杯のようで、場外アナウンスも、「チケット売り切れです」と叫んでいた。

大げさでなく、本当に、万の数の人たちが、13:30からのチケットを求め、複数の列がずらーっっっっっと並んでいた。これは列の一つ。セ・リーグ最多31号をお打ちになった筒香様の特大お写真の下にも、炎天下の中、長蛇の列。




入場料は、外野席で大人300円中高生100円。
転売を防ぐため、1名20枚までが限度である。



13時半開始の試合のチケットを求め、これほどまでの数のファンが並ぶとは、ぶったまげた。
高校野球って、予選の段階から、これほど人気があることを、初めて知った。
神奈川県大会を勝ち抜くのも非常に大変そうだ。東京みたいに「東神奈川」「西神奈川」に分けてもいいかも。

<おまけ>
みなとみらい線のベイスターズ電車。いろんな選手の写真が車体に沢山表示されています。
これはリリーフエースの山選手です。



2016/07/30

スポーツ報知の都知事選関連の記事が結構おもしろい

へえ。スポーツ紙のこういう報道は読ませる。マイナー候補の発言は大手紙面ではなかなか伝えられないが、バカにならないね。


【都知事選】山口敏夫氏が石原親子を猛批判「親ばか。せがれはもっと頭が悪い」


東京都知事選(31日投開票)に立候補している山口敏夫元労相(75)とジャーナリストの上杉隆氏(48)が29日、「オリンピックデー街頭キャラバン」と題し、2人で新国立競技場建設予定地など都内を周り、街頭演説を行った。山口氏は、小池百合子元防衛相(64)に対する石原慎太郎元都知事(83)の暴言について、「慎太郎さんは老いた」などと苦言を呈した。
 慎太郎氏は26日、自民党本部で開かれた元総務相の増田寛也氏(64)の総決起集会で、「大年増の厚化粧。あの人はウソつきだ」などと小池氏をこき下ろした。
 この日午後、渋谷駅前の演説で、山口氏は慎太郎氏の長男で自民党東京都連会長の石原伸晃経済再生担当相(59)にも怒りの矛先を向けた。
「老いた慎太郎さんに選挙の応援を頼んだのがせがれの石原伸晃。伸晃はもうすぐ60歳。大臣もやってる。それが5歳や10歳の子供じゃあるまし、『父ちゃん、俺たちの担いだ候補が負けそうだから、ぜひ応援して下さい』と応援ベンチに引っ張り出した」と都連会長の手腕に疑問を呈し、「挙げ句の果てに小池批判をさせた。結果的に小池さんだけでなく、全国の女性を怒らせて、小池さんを応援するようなことになった。慎太郎さんも親バカだから、せがれに頼まれたらひきうけちゃう。しかし、頼むせがれはもっと頭が悪い」
と痛烈に批判した。

山口さんよ、前科もあって、75歳にもなるのに、何いまさらのこのこ都知事選に出るんだ、と思っていたけど、この石原父子に対する批判は的確で素晴らしい。
さすがの親父さんも老いた。小池さんのことを、政治家としての能力とか政策ではなく「大年増の厚化粧」というトンチンカンな批判をするなんて、苦し紛れもいいところ。あ、親父さんは「ババア」が大嫌いなのであった。これが鳥越だったら、すぐに「差別だ」と抗議するところだが、こんなズレた批判をすると、かえって小池さんに票が流れる。
60歳近いせがれについては、全くもって山口氏の言う通り。石原家のせがれたちは、母の血を濃く継いでしまって、親父さんのような豪胆さは見られないし、策士でもないし、伸晃には人を引っ張る要素も見られない。親父さんが死んだら、伸晃も、もう一人議員をやっている3男も、後ろ盾を失って落選するのではないか。
伸晃らの推す都知事候補って、誰だったかな、と思うほど、地味で人目をひかない。





2016/07/29

都知事選



昨日、休みを取ったので、保守系に評判の良い桜井誠候補の選挙演説を聞きに行って見ようかな、と、新小岩まで赴いた。ネットで見た情報によると、14時から演説、とあったけど、しかしだね、私が新小岩に到着したときは14時5分前くらいであったけど、もっと早い時間から演説を始めていたらしく、時すでに遅し。桜井氏自身が、
「いま駅前は選挙カーで混雑してきましたから、ここで打ち切ります」
と言って、演説をやめてしまったのだ。あちゃ~~~~~~。完全なる無駄足。

駅前に陣取っていたのは、マック赤坂候補。このおじさん、何が目的で毎回出馬するんだろう?
マック候補は、桜井候補に向かって、
「俺も本名は『誠』っていうんだよ。あんたも『マック桜井』に名前変えてくれないか?」
なんて、たわけたことを言っていた。

それから、小池候補の選挙カーも来たけど、ご本人は乗っていなかった。演説をしたのは、若狭衆議院議員(弁護士)であった。この人は、自民党から「小池百合子の応援に行くな」と命令(脅迫?)されていながら、なおもこうして応援に来ているとのこと。へえ、なかなか豪胆な、と感心は、した。



しかし、演説を聞き始めてすぐ嫌気がさし、私は駅に向かった。若狭氏は、
「女性が輝く社会にしよう。アメリカでは、ヒラリーが大統領候補に指名されました。女性が輝けば、男性も輝くんです」
と、小池候補が「女性である」ことを延々アピールし続けた。が、私も女だけど、こういう訴え、大っ嫌いだ。政治家になるには、能力がすべてである。そして、任期を全うできる健康や体力も必要だ。それには、男も女もない。能力があって適任なら投票する、それだけである。だのに、女性であることばかり力説したので、白けたのだ。もしかしたら、その後の小池候補の政治家としての信念を説明したのかもしれないが、女性であることをやたら主張するのは、かえって女性を馬鹿にしている、と、同じ女である私は思うのだ。



マック候補は、若狭議員にむかって、こんなふうに、ずっと手を振っていた。どういう意味だい?

桜井候補は、次に錦糸町駅前で18時から演説する、と言っていたが、そこまで付き合う意欲はなかったので、新小岩から総武線快速で横浜まで1本で帰った。

私は神奈川県民だから選挙権ないのだけど。

2016/07/27

頑張れ鳥越、頑張れ菅直人

あの菅直人が23日、立川駅前で行われた鳥越の街頭演説に駆け付け、「応援」演説をおこなったという。
おうえん・・・・って 。
菅直人に応援されると、落選する、というジンクスを知らないのだろうか。
立川は地元とはいえ、よほど「元総理大臣」という肩書に価値が残っていると思っているようだ。それとも、ただのKYか。
はたまた、場所が立川だから、と、鳥越サイドから頼んだのだろうか。ともあれ、菅直人には、立川に限らず、もっと鳥越の応援に出てほしいものだ。

昨日TVのニュースをチラッと見ただけなのだが、鳥越が、どこかの演説会で、集まった支持者ら(高齢女性が多かった)に対し、
あの女の候補者でいいですか~~~?」
と、小池百合子のことを、「あの女」よばわりした。聞いていて、不快だった。集まった「支持者」らは、一応、ノリで、「やだ~~」と言っていたみたいだが、これが逆に、小池が鳥越のことを「あの爺さん」「あの病み上がり」と呼んだら、鳥越はすぐに「差別だ」と反論するだろう。鳥越は、自分への批判にはピリピリしているが、逆は鈍だ。

野党は、今ごろ、鳥越をかついだことを、後悔しているのではないだろうか。
極左弁護士の宇都宮は、鳥越に遠慮する形で出馬を断念した。宇都宮は69歳。
鳥越のように76歳(一説には91歳)は、新人候補としては高齢過ぎるが、宇都宮とて、次回、73歳では、3度目とはいえ、出馬に躊躇する年齢だろう。鳥越の醜態を見て、宇都宮も、「オレの方がましだった」と、歯噛みしてくやしがっているのではないだろうか。

ひょっとして、鳥越の立候補の最大の功績は、宇都宮から都知事選出馬の可能性を(おそらく)潰したことかもしれない。それはもちろん、次に当選する知事が、宇都宮が73歳になるまで任期を全うすることが前提だけど。

2016/07/26

つい韓国料理を食べてしまった(愚)

わたし、ばっかだなあ・・・
昨日、遅いランチを取ろうと店を物色していたとき、韓国料理店の前を通り、「冷麺」の写真が目に入ってしまった。
さっぱりして、よさそう。
と、思って、入ってしまった。
食べたら、それ以降、なんか気持ちが悪い。
あれほど韓国料理は食べまいと思っていたのに。
1年以上、食べていなかったのに。
(前回食べて具合が悪くなったのは去年の2月だった http://blogs.yahoo.co.jp/mymomomi/41424619.html
愚かなわたし(反省)。


ニダの料理人たち、何か良からぬものを入れて日本人客に出している。
2016/07/25

一罰百戒

佐賀県のある高校の野球部部室が、たばこの火の不始末で焼けた。そのことが原因で、甲子園の予選出場を、途中まで勝ち進んでおきながら、辞退したという。
これは、当然である。このくらいの年のガキどもは、背伸びして酒やたばこをやりたがるものだ。これまでたまたまバレずに来ただけだ。このニュースを聞いて「ひゃ~~、俺らもヤバイ」と肝を冷やした高校生(野球部に限らず)は日本中大勢いるだろう。しかし、高校の中ではいかんよ。それは一番まずい。

ロシアのドーピング問題も、ロシアすべてがリオ不参加になると思っていたが、陸上競技だけ不参加と言う、尻切れとんぼのような措置に終わってしまった。どうせ昔からドーピングまみれだった国だ。告発した女性、偉い。しかし、現在アメリカに居住中の彼女は、もうロシアに戻れなくなったかも。戻ったら、殺されるだろう。

プーチン大統領も、ロシアが国として参加を取消される可能性が懸念されていたとき、「ドーピングにかかわっていない選手までもが不参加になるのは気の毒だ」と抗議の声明をしていた。すごいなあ。ドーピングそのものを反省し、謝罪したりしない。大国は、このくらいふてぶてしくなくちゃいけない。日本みたいに、なんでもすぐ非を認めて泣いて謝る国なんて、他にない。日本の悪口を大々的に報道する反日メディアまであって、それに輪をかけて批判して喜ぶ、というマゾ的なありさまだし。大の大人が何人も、記者会見まで開いて謝罪を披露する国なんて日本くらいでは・・・と思っていたら、なんとなんと、今朝の産経新聞によると、あの、死んでも謝罪をしないと思っていた支那のある市が謝罪会見を開いたそうである。

河北省のある市で、豪雨による洪水被害で25人が死亡、13人が行方不明になったことを、市長が「対応に不手際があった」として会見を開き、6人の幹部とともに謝罪したそうだ。ひえ~~。どうしたんだろ?日本の影響か?



2016/07/24

癌の高齢者に安楽死を真剣に考えよう

子供のころから、あちこちの民放に出ていた大橋巨泉さんが亡くなった。
姿も態度もデカかった。あのふてぶてしい態度で「野球は巨人、司会は巨泉」なんてふうに豪語されて、巨人もかえって迷惑だったのではないだろうか。ある時、テレビ欄で「巨泉、今夜は重大発表」とあったので、見てみたら、何かのきっかけがあったそうで、「巨人ファンをやめます」という宣言をしていた。やめてもらっても巨人軍は痛くもかゆくもないのに、自分だけが巨人を支えていると勘違いしているのかな、この人、と思った。一時期、議員だったこともあるのだね。
ともあれ、テレビ創世記から、テレビ業界の発展にすさまじい貢献のあった方であるのは確かなので、いろんな番組を作ってくださったことへの感謝とともに、ご冥福をお祈りしたい。

巨泉さんは、人間ドックがきっかけで、71歳の時、胃がんがみつかり、その後も、咽頭がん、肺がん、腸閉そく、鼻腔のがん、と、がんがあちこちに転移し、満身創痍で苦しみの果てに亡くなって行った。
途中、確か、
「こうまでして生きているのはつらい。安楽死させてほしい」
と述べていたが、全く同感である。

70歳を過ぎて、82歳で亡くなるまでの10年あまり、闘病を余儀なくされていたが、ご本人の苦しみはもとより、奥さまの苦しみも察するに余りある。モルヒネの誤投与について、奥さまからうらみ節の声明も出たが、さもありなんだと思う。

果たして、70過ぎた老人を、そうまでして生かすのが正しい医療なのだろうか。医者は、病人があれば、年齢によらず無条件で治療にかかるけど、ご本人が「安楽死したい」と望んでいる限り、ある一定年齢以上になったら、それに応じてやることも、真剣に考える必要があるのではないだろうか。個人的には、75歳(70歳でもいいかも)を過ぎたら、もう治療を施すより、楽に死ねる方向に導いてやる方が幸せだと思う。

おそらくは、誰もが心の底ではそう思っている。しかし、なかなか政治家とか有識者らは言い出せないし、首に鈴をつけられず、どんな高齢者でも延々治療する。そして、莫大な治療費が、国庫を圧迫する。人口の4分の1が高齢者である我が国。見て見ぬふりを続けてはならない問題なのに。
2016/07/23

路面におなかをピッタリつける鳩

たまに、見かけるのですが、



こんなふうに、鳩が、路面とか地面に、足を折りたたんで、おなかをピッタリとくっつけているところ。
冬の晴れた日に見みかけたときは、「ああ、鳩も暖をとっているんだな」と思いましたが、最近見かけたので、へえ、夏でもか、と思いました。

それとも、鳩でも、24時間2本足で立っていると、疲れるんでしょうか?



2016/07/22

「千の風になって」の歌詞は奇異

お盆の時期になりましたね。月遅れの8月にお盆をする方も多いでしょう。
しかし、以前から思っていたのですが、あの有名な曲「千の風になって」の歌詞って、失礼だと思いませんか。
芥川賞作家で作詞家作曲家と、いろんな特技と顔を持つ新井満さんが英語の原詩を和訳したそうですが、
「私のお墓の前で 泣かないでください」
ここまでは、いい。
「そこに 私は いません 眠って(死んで)なんか いません」
なに? せっかくわざわざ墓参に来たのに、そこにはいない、と?
「千の風に 千の風になって あの 大きな空を 吹き渡って います」

秋川さんなど著名な歌手の方々が多数カバーしておられ、大変美しい曲として知れ渡っていますけど、これって、亡くなった愛する人の元へ、わざわざ足を運んでくれた人たちを、ある意味、バカにしていませんかね。
来たって、そこにはいないよ。私は空を飛んでいるんだよ、だから、墓に来ても無駄足だよ、みたいな。
「死んでなんかいません」ったって、ちょっと、死んで肉体がなくなったから、魂があちこち飛べるんでしょうに。