FC2ブログ
2012/08/30

崎陽軒とシウマイと「おべんとう 夏」

先月末、私の勤務先が、便利この上ない皇居のほとりから、都心とはいえちょっと小高い丘の上で、上り下りが大変なところに移転してしまったので、なるべく弁当を持っていくようにしている。周りにコンビニもないし、地上に降りていくのが大変だし、ビルに入っているテナントの弁当が美味しくないせいもある。
でも、今朝はおかずを用意していなかったので、東京駅で、なんとなく思い立って、崎陽軒(注:さきようけんではありません。きようけんです)の「おべんとう 夏」を買って持って行った。崎陽軒と言えば、「シウマイ」(注:シュウマイではありません。シウマイです)「シウマイ弁当」「チャーハン弁当」などが有名であるが、四季の弁当を大体650円前後で売っている。そろそろ9月になるが、「秋」が出る前に「夏」を食べていないことに気が付いたのだ。
 
これが、弁当の外側。きれいな包装紙。
 

 
そして中身。
 

 
さめても美味しいむっちりとしたご飯に、上の左から枝豆入りのがんもどきの煮物、笹かま、とびことちりめんじゃこと海藻の酢の物、鯵の南蛮漬け(背後に漬物)、筍の甘辛煮、和生菓子(ゆず風味のぎゅうひ)、卵焼き、人参の煮物、レンコンの煮物、海老の磯揚げ、そして、さめても美味しいシウマイが2個。
 
本当に偶然だったのだが、先ほど日テレの「秘密のケンミンショー」をつけたら、たまたま神奈川県特集をやっており、たまたまそのつけたときに、この崎陽軒のシウマイの話をやっていた。私はnativeの神奈川県民ではないけれど、地元横浜愛にあふれており(?)、食い入るように見ていたら、非常にショッキングな事実を知った。
 
なぜ、「シュウマイ」ではなく「シウマイ」と書くのか。
 
この疑問が解決した。
 
それは、崎陽軒の創業者が栃木県民で、栃木なまりのため「シュウマイ」と言えず、「シーマイ」と言っていたせいだ、という。
 
んな、ばかな~~~。


 
こんなミナト横浜、おしゃれな神奈川県を代表する食べ物の名前のルーツが「栃木なまり」だったなんて!!
(U字工事喜んでるんじゃねえぞ!)
今夜はショックで眠れそうにない(眠るくせに)。
スポンサーサイト



2012/08/29

[やけど] 乾かさない、消毒しない「湿潤療法」

料理中、やけどをしてしまった。
 

 
わが実家では、「やけど」ときたら「アロエ」なので、ベランダのアロエの鉢からアロエの葉を包丁で切ってきて、片側の皮をむいて患部に貼り、1日に数回取り替えていた。が、服を着たときに水泡をこすって破いてしまい、跡が残りそうな気がしたので、一応、医者に行くことにした。
 
会社の近くの皮膚科医に行くと、昔は乾かし、消毒し、ガーゼで巻いて治療していたが、今のスタンダードでは、傷口にテープやシールを貼り、傷口からしみだす体液を極力保ったまま、消毒もしないで様子を見る(消毒をすると、治ろうとする皮膚の組織まで破損してしまうので)というものになったらしい。へ~~。一応飲み薬も出たが、気休めのようだ。医師の治療は、私がアロエを貼りつけているのとそう大差があるとも思えなかった。
 
ま~~、医学の常識なんて時流によってころっと変わるものだ。人間の体は同じなのに、どの時代に産まれるかで、治療法が全然異なってしまうのだから。
昔の漫画などをみると、運動部員が「うさぎ飛び」で足腰を鍛えるとか、「練習中に水を飲むと疲れる」という理由で運動中の飲水もタブーだったりと、今の視点では「はぁっ?」というシーンが散見される。この「やけど湿潤療法」もそのうち他の療法に代替されるかもしれない。「消毒」だって、人間の血液に白血球もあって抵抗力があるので、私は結構不潔に耐える身でもあり、もとから「ほっとけば治る」というのが好きなタチのため、消毒しない治療というのはラクだしワクワクである。
治り具合は、追い追い報告します(なんて、そんなもの要らないですよね)。
2012/08/28

謝罪だけで簡単に支那を許す外務省(バカか)

 
外務省、抗議せず 中国謝罪で
2012.8.28 07:02 日中関係
 日本政府は27日、北京の日本大使館ルートで抗議したものの、外務省本省が中国大使館側に抗議することは見送った。28日以降も「東京で抗議する予定はない」(日中外交筋)。玄葉光一郎外相もとくにコメントを出しておらず、中国側が速やかに謝罪していることから、今後の推移を見守る方針。
 中国・北京では2004年8月のサッカー・アジア杯決勝戦終了後に駐中国公使2人の車が群衆に襲われたが、大使が襲われたことは他国も含め近年では例がないという。
 
丹羽大使の乗る公用車が襲われた件だが、この記事が本当だとしたら、「また出た!お人よし!!」と石をぶつけてやりたい気持ちになった。事件が逆だったら、どれほど責められるか想像してみたらいい。
 
民主党や外務省には、外交の専門家や真のアドバイザーはいないのだろうか。外交の基本の一つは、相手国の習慣や国民性、考え方に基づいて検討することだ、と、そして、簡単に折れず、好機には交換条件などのdealを持ち出すものだ、と誰も教わっていないのだろうか。わかっていながら、あえてdealも何もしないとしたら、もっとタチが悪いのだが。
 
再三再四、本ブログに書いてきて申し訳ないのだが、謝れば簡単に許すのは日本人くらいであろう。支那人はいかにも世界中で最も謝罪することを嫌う国の一つであるが、きっとそんな態度を見て、外務省は単純にほろっとなり、日本人よろしく「あの支那が謝ってきたなら許してやろう」となったのではあるまいか。
 
いくら来月首になる身だとはいえ、一国の大使が襲われたのだぞ。政府と並んで厳重に抗議し、支那の司法により裁くよう求めるとともに、裏で何らかの取引の1つか2つ、「勘弁してほしかったら、○○をなんとかしろ」くらいの交換条件を成立でもさせたのか。
ただの無罪放免、日本的に「謝ってくれたのだからヨシヨシ」で済ませているなら、支那人は舌なめずりをして喜んでいるはずだ。きっと、心の中で、「日本人って本当の単純でバカだ」と思っているに違いない。支那ではきっと、日本人の国民性を知悉した誰かが、支那政府に、
「日本人は謝れば簡単に許します。この単純な性質を使用し、わが国の国民性からすれば多少屈辱的に感じられるかもしれませんが、形だけでも謝っておいて許しをもらっておく方が、今後、同様の事件が発生しても、無罪放免にするという前例になりますよ」
と裏でアドバイスしたに違いない。
日本の外務省も、玄葉も、なんてど素人ぞろいなんだろう。
今後、支那では、日本大使館や大使を襲うことは、英雄扱いされるだけでなく、謝れば簡単に許してくれるという自信につながったに違いない。とんでもない前例になったぞ。
 
****
もっと穿った見方をするなら、外務省は、あの丹羽が襲われても怒っていない(むしろ、よかったと思っている)と解釈されても無理のないことなんだぞ。わかっているのか(←実は、そう思っていたりして)。
 
 
 
2012/08/28

ヘルメット型ハゲ用の櫛

実際にアメリカで売っているらしい。
ハゲの旦那が「Just the thing for me! (ぼくのための商品だ)」と言い、喜んで転送してきた写真である。
見ると “Bald headed man’s delight” (ハゲ男の喜び)とある。
頭頂部がヘルメット状にはげ、両サイドと後頭部のさらに後ろにしか毛髪が残っていないハゲ男のための櫛なんだそうだ。
絵のように、こうやって、頭の上からすっぽりかぶるようにはめ、後ろに倒すと両サイドの髪がとかせる、という話らしい。
しかし、後頭部の下の毛はどうなるんだ?
これを”One of the greatest inventions in the 20th century”(20世紀最大の発明の一つ)と銘打っているのも、実におばかな冗談グッズである。
 

 
しかし、実際に買う人いるのかしら。
普通の櫛を使えばいいじゃん。
2012/08/26

国連なんてクズ。解体せよ。

日本からはるか遠いシリアという国で、アサド大統領賛成派と反対派との間で内戦状態になっており、連日多数の死傷者が出ているようである。
これに対し、国連の安全保障理事会は、シリア政権に対する非難決議の採択が行われたものの、これは安全保障理事会の決議のように拘束力を持たず、小学校の学級会で、「山田君と鈴木君は仲良くしてください」というようなものに等しい。
これが、拘束力を持つ安全保障理事会となると、話が急に異なってくる。アサド政権への制裁を盛り込んだ欧米案を、ロシアと支那が拒否権を行使し、否決されてしまったのだ。
ロシアはシリアに武器でも販売しているのか、それとも、欧米人に「ノー」と言えるのがかっこいいと思っているのか、あるいは自分らも民族紛争を抱えているので、自分らも人のことは言えないし言いたくないのか、そういったところであろう。支那も土台、5常任理事国の中で唯一非自由主義、共産主義国家であり、チベット問題などあまた民族紛争を抱える身であるので、自分をつつかれるのがイヤだから、基本、自由化、民主化を求める運動には賛成しない。こんな国らが常任事理国にいるのが糞みたいな話である。
とまれ、こと安保理となると、ロシアか支那が拒否権行使をするのが最初から目に見えていることが多いような気がする。戦後67年もたつのに、いまだ第二次世界大戦の連合国側の代表者らが占めているといういびつな構造が変わらないままだ。
 
ひるがえって、そういう理由により、我が国は常任理事国になれる目途がない。そんなこと、間違いなく支那が反対するだろう。それだのに、おひとよしのわが国は、こんな小学校の学級会のような無意味な組織に、ただただカネだけぼられている。
一体いくら払っているのか調べてみたら、外務省にちゃんとサイトがあった。
 
 
1位のアメリカについで拠出金額は世界2位である。今年だと3億ドル近い額(円高とはいえ240億円ほど)で、全拠出金の12%余りを払ってやっていることがわかった。
おまけに1位のアメリカは、なんだかんだで拠出金の支払いを渋ってつけにしていると聞いたことがあるから、実際となると、常任理事国にしてももらえないわが日本が、くそまじめに、黙々と、カネだけぼられていることになる。
対外的となると、まことアピール下手、交渉下手、そして生来の語学下手もあり、いい財布にされているだけである。国連の議会に出席するためには、公用語(英、仏、中、露、スペイン、アラビア)のうち2つを解さねばならないらしいから、ここからしてそれらを母国語とする人らに比べて大きなハンディーともなっている。
 
わが国は、もうこんな無意味な機関にバカ正直にカネだけジャカジャカ捨てるの、やめたらどうなんだろう。
「常任理事国にしてくれるなら払うけど、そうでないのなら意味がないから払わん」「自分の国だってつぶれそうなんだから、もっと拠出率を下げるぞ」と反旗を翻してみたらどうだ。
一番肝要なのは、こんな67年前の構造をもう取っ払うことである。そして基本的に誰でも1国1票、さらに、拠出金額に案分比例して得票数を増やすことである。そうしたら「日本はアメリカのような国ばかりの意見になる」と不満を漏らす小国が出るのは明らかだが、「くやしかったらそれだけ払ってみろ」とアッカンベーでもしてやればいいのである。
力も得られないのに、ただただ黙ってカネだけ払い続ける日本って、バカじゃなかろうか。
 
2012/08/25

無礼韓国と「ラスク書簡」

昨日夕刻、野駄総理が竹島問題について緊急記者会見を開いた。
たまたま有給休暇を取っていたので、ちらっと見ることができた。
今回尖閣、竹島の両問題が起こったことで、あれほど媚中、媚韓の民主党もさすがにその姿勢を考え直す機会と、それから、日本人の中に領土問題を植え付けるという二重の効果があったように思う。ついでに言えば、いまの民主党に汚沢がいなくて本当によかった。あれはもう、完全に過去の男である。
 
非礼極まりない韓国は、野駄が送った竹島上陸を非難する親書を、開封もせずに返してきたという。最初は韓国大使館の人間が、手持ちで返しにきたら、外務省に立ち入れさせなかったので、今度は郵便で返送してよこした、という。藤村官房長官が
「これ以上返すのもおとなげないので」
と言い、もう韓国に送りつけるのはやめると言っていた。これは大人の国として正しい態度である。つまり、韓国は、独立国家としては信じられないほど非礼で幼稚で非文明的なのである。大人としての度合いは、
 
日本 > 
韓国
 
である。せめて、読んでから返すならまだわかる。
昨日記者会見をちらっと見ていたら、野駄に、西日本新聞の池田という記者が、
「外務省に車で入ることも許可せず門前払いしたということについてどう思われますか」
なんて記者質問をした。なんだ?外務省のスペースに立ち入らせる入らせないは完全に外務省側の裁量であり、人が送った手紙を返しにくるということがあらかじめ分かっているのだから、立ち入りを拒むのは何ら不自然ではない。西日本新聞って、どういう新聞社なのだ?非礼なやつらには、そのくらいの恥をかかせてやって、当たり前である。
 
前の記事で、Saraさんから、マッカーサー駐日米大使が発信した電報の存在を教えていただいたので、和訳したが、それと同時に、「ラスク書簡」というものの存在も知った。1951年8月10日、当時のアメリカ国国務次官補Dean Rusk (ディーン・ラスク)から最終通達として在米韓国大使に送られた手紙だが、ここでもはっきりと、韓国の竹島の領有権の主張をしりぞけている。
 
 
 
韓国は、なぜか国際司法の場に出て白黒つけるのを必死になって逃げ回っており、「あれはウリの土地ニダ」「日本がいいがかりをつけて不当な主張をしている」などと日本を非難するだけで、おとな気ある態度を取ろうとしない。司法の場に出たら負けるのがわかっているから、井戸の中で吠えているのだろう。マッカーサー電報やラスク書簡といったアメリカ政府の文書を上回る書類や、昔の地図などで偽造でないものを出して国際法廷に訴え出たらいい。
日本政府も、かつては鰹節工場があったのだから、いまからでもそこに日本人を住まわせたらいい。生活保護者を移住させるなど、保護者をこういうときに活用したらどうだ。人が住まないところを領土と主張するのは、現実問題として、困難なことである。
 
 
2012/08/23

コピペ及び拡散用「マッカーサー大使発電報」原文起こしと和訳(Page 4)

** Page 4 ** minimum, insist that they agree to submit matter to International Court of Justice for arbitration.
Finally, we should inform new regime very clearly that it must be prepared to adjust its relations with Japan on terms of reciprocity, in such matters as diplomatic missions, visits by businessmen and journalists, commercial trade.  Japanese have suffered Rhee's occupation-minded approach for eight years and will be unwilling to accept such indefensible treatment from his successor.  In its own interests, new regime should start with conformity with normal international standards of conduct, and could most usefully begin (in terms of Japanese and other free word opinion) by permitting Japanese diplomatic mission to enter and function in ROK on same terms ROK Embassy operates here. 
If we now move swiftly with new ROK regime which should generally be receptive to our views because of our helpfulness, we may have initial opportunity, which may never reoccur, to influence its position on Japan-ROK problem.  Japanese would certainly welcome warmly and reciprocate fully, measures indicating new ROK regime willing take "new look" at Japan
 
MACARTHUR
 
 
<4枚目>最低限、国際司法裁判所に仲裁を求めて問題を提起することに同意するよう主張すべきです。
最後に、我々は、外交上の任務や、ビジネスマンやジャーナリスト、商取引上の訪問といった相互主義の観点から、日本との関係を調整するよう準備しなければならないことを新政権にはっきりと通知する必要があります。日本人は、李氏の占領政策の被害を8年間にもわたって被り続けており、李氏の後継者からそのような防ぎようのない取扱いを受け続けることを望むはずがありません。新政権は、自分自身の利益のために、通常の国際行為規範に準拠して始動すべきであり、韓国大使館が日本で機能するのと同様の条件で、日本の外交使節団が韓国に入国し活動するのを許可することなくしては、最も価値ある形(日本および他の自由世界の観点から)で始動することはできないでしょう。
今、我々が、新韓国政権と迅速に行動を共にするならば、彼らは、私どもの助言に耳を傾けてくれやすいと思いますし、我々は、日韓問題に、我らアメリカの立場を影響づけるための、二度と来ないかもしれない最初の機会を持っているのかもしれません。日本人はきっと、日本に対し「新しい視点」を取る新韓国体制の方策を歓迎し、十分に報いてくれるものと思われます。
 
マッカーサー(注:駐日アメリカ大使)
2012/08/23

コピペ及び拡散用「マッカーサー大使発電報」原文起こしと和訳(Page 3)

** Page 3 ** but also more than anything else would lay foundation in Japan for really fruitful negotiations.  At same time I would be prepared to press Kishi and GOJ most strongly that in return for repatriation of fishermen, Japanese would exercise self-restraint in their fishing operation in Korean Straits until reasonable opportunity had been give for negotiation of mutually agreed ROK-Japan fishing conservation agreement. 
In addition to seizing Japanese boats on high seas and practicing hostage diplomacy, Rhee regime also seized by force and is holding illegally Takeshima Island which has always been considered as Japanese territory.  This is very serious and permanent irritant in Japan-ROK relations and there can be no over-all ROK-Japan settlement until this Japanese island is returned to Japan. Therefore we should also press new ROK regime to return Takeshima to Japan.  If it is unwilling to do so pending satisfactory conclusion of over-all ROK-Japan negotiations, new regime should at least signify a willingness to withdraw from Takeshima as part of mutually satisfactory settlement of other outstanding issues between two countries.  While we should press strongly for return of Takeshima to Japan, if by any chance new regime were unwilling to do so we should, as very
 
<3枚目>また何よりも、真に実りある交渉のための礎を日本に築くことでしょう。同時に、私は、漁師の送還と引き換えに、韓国と日本の間で漁業保全協定の締結を協議する合理的な機会が得られるまで、日本人は韓国の海峡での操業を自制するよう岸(信介)および日本政府に強い圧力をかける用意があります。
李政権は、公海上で日本の船を拿捕し、人質外交を展開するのみならず、常に日本の領土とみなされてきた竹島を、武力により、違法に占拠しています。これは、韓国と日本の関係に非常に深刻かつ長期的な火種となるものであり、この日本の島が日本に返還されることなくしては、日韓の根本的な和解はありえません。したがって、我々はまた、竹島を日本に返すよう、新しい韓国政権に圧力をかける必要があります。もし、日韓包括交渉に満足の行く結論が出るまで返還を行う意思がない場合、新政権は、少なくとも、二国間の他の懸案事項の相互和解の一環として、竹島から撤退する意思を表示すべきです。日本に竹島を返還するよう強く圧力をかける必要がある一方、仮に、新政権がそれに同意を渋る場合、我々は、
2012/08/23

コピペ及び拡散用「マッカーサー大使発電報」原文起こしと和訳(Page 2)

** Page 2 ** festering dispute.  We do not know what response Communists may make to new ROK regime and it is vital we try we try to put ROK-GOJ house in order as soon as possible. 
While Rhee regime violated most basic tenets of democracy in authoritarian police rule imposed on Korean people, it has also in past done violence to most fundamental principles of international conduct and morality by committing acts of piracy on high seas around Rhee Line and then imprisioning (桃実注:おそらくimprisoningの間違い)and holding as political hostages Japanese fishermen and by seizing and holding non-Korean territory by force.  The uncivilized practice of hostage diplomacy is one of our serious charges against Communist China and if continued by ROK it will be a great liability to a new democratic ROK regime. 
I therefore recommend strongly that as soon as new regime is in control in Korea (whether or not it be of interim character) we use all influence to persuade it (1) to release and return to Japan all repeat all Japan fishermen hostages (including those who have not completed their sentences) who have suffered so cruelly from Rhee’s uncivilized and oppressive acts and (2) to cease practice of seizing Japanese fishing vessels on high seas.  This would not only rid new ROK regime of liability of practicing hostage diplomacy
 
<2枚目>共産主義者らが新しい韓国政権に対し、いかなる反応を示すものかわかりませんが、韓国政府と日本政府の関係を一刻も早くあるべき状態にすることが必須と考えます。
李政権は、韓国の人々に押し付けた独裁主義的なやり方で、民主主義の基本的な教義をほとんど踏みにじってきましたが、過去にも、李承晩ライン周辺の公海上で海賊行為を働き、日本人の漁師らを政治的な捕虜として収監し、韓国外の領土を武力により強奪する形で、国際規範および倫理の最も基本的な原則を破壊した経緯があります。野蛮な人質外交の慣行は、共産主義国家中国に対する我々の重大な告発の一つであり、韓国がこれに続くようであれば、それは韓国の新民主主義体制にとって重大な負荷となります。
従って、私は、韓国新政権は、その支配体制(暫定的な性格のものであると否とを問わず)が整ったできるだけ早い段階で、(1)李政権の野蛮かつ圧政的な取扱いにひどく苦しめられてきた日本人漁師の人質たち(判決確定前の段階にある者らを含む)すべてを解放し、日本に返すこと、(2)公海上での日本漁船の拿捕をやめること、の2つを説得するよう我々のあらゆる影響力を行使することを強くお勧めします。これは、新韓国政権から、人質外交の慣行に対する責任を除外してやれるのみではなく、
2012/08/23

コピペ及び拡散用「マッカーサー大使発電報」原文起こしと和訳(Page 1)

Saraさんの8月20日のブログを拝見し、その内容に驚愕し、和訳を買って出た。
 
 
 
興奮しながら訳したので、今日、再チェックをしてみた。そう極端な誤訳はないと思ったが、あればどなたかご指摘いただきたい。
英文の原文が電報4枚の写真のため、拡散しにくいことから、文字を起こし、改めて和訳を付けた(冒頭の加筆など若干変えてあるが、意味は同一)。是非、コピペや拡散をお願いいたします。
ページ数と文中の色は私が便宜上つけたものであることをお断りしておきます。
1ブログ5000文字の制約のため、分断して掲載せざるを得なかったのが残念である。
 
Secretary of State 3470 Priority
Rptd Info: American Embassy SEOUL 361
For Assistant Secretary Parsons from MacArthur
Seoul for Ambassador McConaughy
April 27, 1960
 
Now that we have prospect of new and democratic regime in Korea I strongly recommend that as soon as possible we seize opportunity to try to bring about durable solution to ROK-Japan dispute.  As long as Rhee held power there seemed little chance of any solution but now we have entirely new situation which could lead to liquidation of ROK-Japan controversy.  Implications of ROK-Japan are not just bilateral between GOK and ROK but deeply and directly involve US and our inescapable responsibilities in Northeast Asia.  As practical matter if reasonable solution is to be found it will be produced only by our good offices and working closely with both ROK and GOK.  It is of utmost importance that we identify and be prepared to move swiftly for solution those specific ROK-GOJ problems which prevent progress toward basic settlement this ** Page 2 ** festering dispute. 
 
国務省3470
Rptd Info アメリカ大使館ソウル361
1960427
パーソンズ国務副長官殿
マッコーニー駐韓大使殿
 
韓国に新しき民主主義体制の誕生が予期される今、私は、日韓間に存在する論争を永続的に解決する機会をできるだけ早く確保しておかれるようお勧めします。李(承晩)氏が権力の座にあった間、それらの解決の機会はほぼ無きに等しいものでしたが、今や、全く新しい局面を迎え、韓国と日本間の論争を清算へと導ける可能性があります。韓日の関係は、単なる日本国政府と韓国政府の二国間関係にとどまらず、我がアメリカおよび我々の東北アジア地域における不可避の責任に、深くかつ直接影響を及ぼすものです。現実問題として、合理的な解決策が見つかるものならば、我ら当局者が、韓国政府および日本政府の双方と緊密に連携することでしか生み出されないと考えます。最も重要なのは、我々が、険悪な論争を基本的な解決に向かわせることを妨げている、韓国政府と日本政府間に存在する諸問題を特定し、その解決に向けてすみやかに動く準備をすることです。