FC2ブログ
2019/07/25

都会人の方が田舎人より健康 デブは嫌いだよ 

人のダイエット記を読むのが好きだ。中でも、「わたなべぽん」という漫画家の「スリム美人の生活習慣を真似をしていたら、1年間で30kg痩せました」という体験記(漫画)とその続編が、ダントツに面白い。


漫画家という職業上、座る仕事で、甘いカフェオレを仕事中ちゅーちゅー吸い、夕方になると待ちかねたようにビールと唐揚げを口にする生活で95kgまで到達したある日、トイレに座ったら、便座をバキっと割ってしまい、そこから95kgから65kg、さらにはもう5kg痩せた奮闘記である。彼女が偉いのは、周囲のスリム美人の食習慣、生活習慣を徹底して真似たことである。

この後編の中で「デブは言い訳が多い」と書いていたが、ほんとそうだそうだと思う。たとえば、デブは「ストレス解消のため」と言い訳をして、なぜか「大食い」「やけ食い」に走ることが多い。が、そのあと決まって後悔するし、ストレスも解消されない。反面、スリム美人は「床掃除」「拭き掃除」「鍋みがき」「カラオケ」「寝る」といった行為でストレス解消をする、という。なんと健康的な。

先日執り行った母の葬儀のなかで、「会いたくねーな」と思っていたけど、来てしまったデブ女がいる。
アニヨメである。
我が家の親戚中で唯一無二、無敵のデブだ。
亡母は「A子さんは、デブすぎて、親戚に紹介するのが恥ずかしい」とこぼし、亡父は「俺は絶対にA子とはヤレねえ」と吐き捨てたほどである。兄はいくら東大を出ていても、女性審美眼はゼロだった(モテなかったこともあるけど)。

田舎の農家の売れ残り娘で、ぱっと見「さっき畑から掘り取ったばかりの里芋」のようだった。身長150くらいで当時は65kgくらいだったろうか。見栄を張って「156cm」なんて主張していたけど、162cmの私が見下ろしていたから完全にウソだ。
その嘘をごまかすため、うちに来るときは、いつでも、太くて10cmくらいあるハイヒールを履いていたが、まだ私より低かった。一体あんなヒール、これまで何本へし折ってきたのだろう。

田舎の人なので、彼女は「歩く」という行為をしない。ある年の新年、みんなで初もうでに行ったとき、1kmくらい先の神社まで私ら一家はいつもどおり平気で歩いて行ったが、このヨメは、この歩行距離にすら驚いていた。見栄張った10cmヒールで、痛そうに、おそるおそる歩いていた。
妊娠中も、難産を懸念する医者に、
「妊娠中は栄養をたくさん摂れというのは貧しかった昔の話。あんたはこれ以上、ビタ1グラムも太るな」
と厳命されていたほどだ。

あれからウン十年、彼女は順調に横に育ち、いまはどう見ても150cmで80kgくらいある。
「今度、健康診断があるけど、それまでにあと3kg痩せないと」
なんてケラケラ笑いながら話していたが、私は内心「3kgじゃなくて30kgだろ」と思っていた。私はもう、嫌われたって構わないから、
「なんでそんなに太っているの?私は162cmで50kgないんだよ」
と吹っ掛けてみると、
「いいわねえ。どうしてそんなに太らないの?」
なんていう。
「私は絶対太らない。東京じゃ太ったら石ぶつけられるの。もし体重が増えたら絶食して戻すから」
と答えてやった。
彼女の説明によると、彼女は、やせている人が好きそうな食べ物(彼女によると「漬物」とか「酢の物」など)が嫌いで、こってりしているものが好きなんだそうだが、要は、カロリー過剰なだけである。
ちなにに今日ネットに出ていた、大デブから痩せた女性のデブあるある記事に、
「(16)デブは人前ではあまり食べない」
とあったが、まさにそうで、このアニヨメは、私らの前ではあまり食べない(ふりをしている)。彼女は、
「最近、歩けなくなってきた」
とこぼしていたが、それこそ自業自得だ。歩くよりビヤ樽のように転がす方が速く進める体形だもん。まだ50代なのに、長生きしないだろう。健診ではあらゆる項目にひっかかっているそうだし。

都会の人間の方が田舎の人間より健康的ではないだろうか。
まず、都会は、車社会ではないから、どこに行くにもよく歩く。高層建築がいくらでもあるから、特にジムなどに行かずとも階段を利用できるが、これも、高層建築がない田舎では無理だ。そして何よりも、都会では、反肥満意識が高い。太ったら、自分の健康を保てない落伍者として、白い目で見られる。「他人の刺すような目」は貴重だ。姪も「田舎では太っていても平気」と言い、事実、あちらの親族はみな太っている。

母の葬儀の時、このアニヨメはまた例によって10cmくらいある太ヒールの靴を履いてきたが、足元を見て改めてギョッとした。ヒールの甲から、ぜい肉があふれているのである。人って、ここまで太ると、足の甲まで脂肪が付くんだ。ぞっとした。





スポンサーサイト



2018/06/25

なぜウエストは「58cm」?

子供のころ、芸能雑誌が多々出版されていたが、見ると、女性のタレントの場合は大体「体重48kg」で、ウエストは「58cm」なのに気が付いた。「50kg」とか「60cm」の大台に乗るのはタブーだったらしい。
私も人から「細い」と言われるけど、いくらウエストをギューギューしばってみても、61~2cmは絶対にある。
この間、ライザップでダイエットに成功した酒飲み女優の佐藤仁美さんは、ダイエット後のウエストを「71cm」と公表していて、あ、それなら信じられる、と思った。

体脂肪率だが、朝測った方が夜より数字が大きい。
朝測ると25%と出る。ショックだなあ。だって私の体の4分の1は脂肪ってことじゃん。豚のばら肉を想像して落ち込む。
40~59歳の女性の体脂肪率だと「標準(少な目)」と出た(22~28%)。ええ~~、マジかい。
もっと落としたいんだけどなあ。特に下腹部。

痴漢の発生率は6月になるとグンと上がるそうだ。女性が薄着になるからである。
この前、爆乳をボンボン上下させながら歩いている女性を眼にした。ああ、これなら男が劣情をもよおしても仕方がないなあ、なんて思う。私は胸が目立たないよう、いつも上半身はダボっとした服を着ている。胸ってなかなか痩せないんだよね。

もう断捨離生活に入っているので、新しい服も極力買わない。幸い体形が変わらないので、憶えている限りでは、30年近く前に伊勢丹で購入した夏用パンツ、まだ全然型崩れもせずに現役で穿ける。
外を歩いていてすれ違う、太った人たち。あの人たちだって、最初からあんなに太っていたわけではないだろう。昔から、じわじわ、じわじわ、1日数十グラムずつ加算していき、戻さなかったことの結果である。
太った人たちは、自分らの体型について、どう思っているのだろう。


2017/08/08

「減乳サプリ」はないのかな

昨日の新聞を見ていたら、「プエラリア・ミリフィカ」というマメ科の植物成分を含む「豊胸サプリ」を飲んだ女性らから、健康被害の訴えが続出している、という記事があった。嘔吐、下痢、腹痛、皮膚障害、月経異常、などがその症状だという。


馬鹿だねえ。
ほんと、ばっかだねえ。
なんでそんな得体の知れないものを飲むの?
おっぱいなんて小さくたっていいじゃん。
なんでそうまでして大きくしたいの。私の胸あげるよ。
ほんと馬鹿だね頭どうかしているんじゃないブツブツブツ

男性週刊誌の表紙などで、ビキニは着けていても、ボヨヨ~~ンとした爆乳を惜しげもなく披露するグラドルたちの神経がどうしても理解できない。なぜ恥ずかしくないんだろう。

コーヒーを1日3杯飲むと胸が小さくなる、とネットで知ったので、挑もうと思っていたけど、やっぱ、まずくて苦くて、頓挫している。昨日なんか、会社で会合があり、タリーズからポットで取ったアイスコーヒーが余ったので、みんなで分けて飲みましょう、って私にも回ってきたけど、うげ、苦くてまずくて、こっそり捨てた。世間のみなさま方は、こういう苦まずいのを美味しいと思って飲んでいるのかしら。私も、コーヒー牛乳のように砂糖とミルクでだぼだぼにすれば飲めるけど、砂糖はカロリーがあるし、乳製品は胸の成長に寄与するから、完全に逆効果になってしまう。

サプリメーカーのどなたか、コーヒーの抽出物で、減乳サプリを作ってください。
世の人は、女はみんなでかい胸を欲しがっている、と思い込み過ぎている。
現に、ワコールで「胸が小さく見えるブラ」というのを発売したら、バカ売れしたぞ。


思い込みを捨てて、作ってください。お願いします。
2017/06/22

スカート丈が短くなる理由がやっと判明した

私は、小中高とみな公立だったが、一度も制服がなかった。
大学を卒業して初めて就職した日本企業で、生まれて初めて制服を着た。

そこで、あることに気が付いた。
私と身長が同じくらいの女性社員と比べると、座ったときに、私だけスカートが妙に短く、ひざ上のかなりの部分、つまり、太ももが3分の1くらい「こんにちは」するのである。周囲を見ても、みなさんの太ももは大部分、スカートの下に収まっていた。
「桃実さんてどうしてそんなスカート短いの?」
と聞かれたが、みんなと同じ制服を着ていたので、私だけミニスカートをはいていたわけではなかった。

そんな大昔のことを、今日思い返し、そして、理由を考えていた。
考えられるのは「太ももが長い」か「尻が縦に長い」か、どっちかだろう。
そして、「女性の場合、太ももの長さとひざ下の長さは、標準値があるのだろうか?と思い、ネットで調べてみた。
本当に便利な時代になった。私の新入社員時代に、ネットなんてなかったからなあ。
そうしたら、


こんなサイトを見つけた。有難いことに、世の中には誰かしら、ものさしとなる数字を出してくれる人がいる。

まずは「太さの比率」というところから始まっているので、私の身長を入力すると、

太ももの太さ 49cm  ふくらはぎの太さ  32cm  足首の太さ 19cm

という黄金比が出た。自分の足で計ってみたら、太ももは逆に49cmもなく、他もクリア。よしよし。

さて、懸案の「ふとももの長さ」に移る。このサイトによると、「ふとももの長さ:ひざ下の長さ」の理想値は「3:5」なのだそうだ。へえ?
さて、「身長に対する脚の長さ」にも私の身長を入力したら、

脚の長さ 78cm   ひざ上の長さ 29cm   ひざ下の長さ  49cm

と出た。で、金属の巻き尺を使って自分の股下を計ってみたら、

脚の長さ  78cm  ひざ上の長さ  36cm  ひざ下の長さ  42cm

ひえ~~~っ、やっぱり太ももが長かったのだ!だから、私だけつんつるてんのミニスカートになってしまったのだ。てゆーか、「ひざ下が短足だ」と言うべきだろうか?

もっと若い時に知っておけばよかったなあ・・・。
私は普段パンツ派だけど、スカートは、ロングスカートの方がひざ丈スカートよりも似合うのが、数字で納得できた。

・・・ と、と、と、尻が長いのかどうかは、測定していない。




2017/05/20

漢字の「尻」 音読みは「コウ」だって

知らなかった。「しり」としか読まないと思っていたが、漢字だから音読みもあるもので、それは「コウ」だって。
へえ~~~。

なぜ、この読み方を知ったかと言うと、最近、私の体のある部位の深刻な悩みを解消しようかと、美容整形外科をネットで検索していたからだ。そうしたら、皆さまも経験のあるとおり、次の日から、やたらそれ関係の広告が表れるようになった。

そこで知った新たな言葉が、「豊尻術」という言葉である。顔やおっぱいをいじることは多々あれど、尻だけは正直に生まれたまんまだと思っていた。それが、尻までいじる時代になったとは。
その宣伝がこれ。


「ほうこうじゅつ」
と読むのだそうだ。
「胸」を「きょう」と読むほど世に知られた読み方ではない。なのであんまり一般化しないのではないだろうか。
しかしモデルさんの尻ってほれぼれするくらい美しい。こんな尻を持っていたら、外出しても、何もはかずに見せて歩きたいくらいだ(???)。

因みに、誤解を避けるため、私が悩んでいるのは、このごろ急激に発生した肩こりである。
その原因は、たぶん、体のサイズに比して胸が大きすぎるからだ。
だから、大きくしたいのではなく、小さくしたいのである。最近は脂肪吸引でできるようになったみたいで、調べていたのだ。
アメリカ人の旦那ちゃんは「BAKA NA KOTO WO IWANAIDE!!」とか、「Are you crazy?」とか言って反対するけど、こっそりやってこようかと思っている。肩こりの解消が目的だったら、健康保険が効いてくれてもいいくらいなのに(涙)。日本人は貧乳のなやみばっかりだと思われているから、大きくする手術の広告もしつこいくらい出る。腹立つなあ。意外かもしれないけれど、小さいより、大きい方がよっぽど悩みは深刻なのだぞ。