FC2ブログ
2019/09/17

言いたいことをはっきりと言う

最近読んだ本の中に、

「死に直面した人に、何を後悔しているか尋ねると、『言いたいことをはっきり言えばよかった』という答えが返ってくる」

とあった。

これ以外にもいくつかあるのだが(参考「死ぬ瞬間の5つの後悔」)、私もきっと、こう思うだろうな、と思った。

 

私の母は、年代を考えたら仕方がないのだが、徹底した男尊女卑論者だった。

「世の中、なんでも男。男が上」

「女の利口は男のバカと同じくらい」

と言って私を育てたので、結果、私は、クラスのほとんどの男の子より成績が良かったにもかかわらず、男の子と意見が違ったら退いていたし、男子と歩くときは半歩あとを歩く、と言ったことを大真面目でやっていたのである。

長じて、就職したあとも、どんなに仕事ができなくて窓際に寄せられたおっさんでも「この人は男だから偉いんだ」と思い込んでいた。

そういう男の人に質問をして要領を得なかったことを女子社員に聞いたら、スパッと回答が帰ってきたときでも、

「この人は女なのに、合っているのだろうか」

と思って悩んだ。

当時はまだ「セクハラ」なんて言葉がなかったけれど、職場にもかかわらず、やたら卑猥なネタを話しかけてくる男性上司に対しては、

「私はこういうネタを笑って過ごせないカタブツな女だから、自分が悪いんだ」

と思い込み、必死になって話を合わせて笑おうと努力していた。何かしっくりこないことは全部私が悪いのだと思っていた。

 

女性の上司を持ったことは少なかったが、女性には比較的言い返せた。しかし、男性上司の場合は、いくつになっても、どんな理不尽なことを言われても、絶対反論できず、すぐに謝罪して引き下がった。土台、反論の仕方を知らないのだ。すぐ泣いたし。

 

結婚してからも、母が父にしたような主婦をやっていた。アメリカ人の夫は、こんなJapanese wifeを持てて、さぞ幸せだったろう。家事は当然、全部私がやっていた。

 

友人たちからは、「古い、古い、あまりに古い」と馬鹿にされた。しかし、私は、母に教わった通りに生きてきたので、なんでそんなに馬鹿にされるのか、なかなか理解できなかった。

 

母のもう一つの口癖に、

お父さん(お兄ちゃん)がそう言ってたよ

というのがあった。今から考えると、父も兄も欠点だらけ、間違いだらけだったのだが、母にすると、男である父、頭が超よかった兄(母にとっては長男)が言うことなのだから、女の我々より100%正しい、と疑わなかったんだろう。

 

後年、母に、「なんであんな古いしつけを私にしたのか」と、なじりながらも聞いてみたら、

「そりゃ悪かったね。だったらあんたも、自分が産んだ子供にそうしつければよかったでしょ」

などと言い返された。私がなぜ子供を産まなかったのか知っているくせに、ひどい母だと思った。

 

かなり年を重ねてから、やっと、このおそろしい刷り込みから、脱出しつつある。

自分だけが常に悪いのではなく、周りだって悪いのだ、と思うようにした。

今でも、昔の上司とか、ひどいことを言われたのに黙って引き下がった面々を思うと「あの時ああ言い返してやればよかった」と、思っても仕方のないことで腹が立ったりする。

これからは、もっと面の皮を厚くして、言い返すべきことは言い返すことにした。

先日、葬儀屋に、母の葬儀代があまりに理不尽だったのにガンガン文句を言うということも、かつてはできかなった。

これとは別件で、支払い請求を受けているものがあるが、これも「ぼりすぎだ」と思っており、先方もその自覚があるので、払わずにシカトしている。相手はどうでてくるか、見ている。

長い年月がかかったなあ。

 

しかし、言い返さなかったことで、もしかしたら私にメリットがあったのかもしれない。

実際に生じたトラブルは把握できるけれど、反対に、「避けられたトラブル」は、絶対把握できないからだ。

言い返すのと、言わずに黙って退くのと、どっちが必ず正しくてどっちが違う、ということは言えない。

悩ましい。

スポンサーサイト



2019/09/16

公衆電話

千葉ではいまだ停電が続いている地域がある。台風の被害、恐ろしや。

そして、電気がない生活というものを1週間も強いられている人々。

かつてなかったが、今日では必須の電気の需要は、「携帯の充電」である。それがなければ、ほぼラジオだけが情報源となってしまうのは無論、外部との通話もできない。私も、充電器を買って持っておこうと思った。

 

こういうとき、威力を発揮するのは、いまどき誰も使わなくなった「公衆電話」である。

過去に何度も(Yahooblogに)書いていたけれど、私は京都に住んでいた時阪神淡路大震災に遭ったので、その際、公衆電話の通話優先順位が固定電話より高く設定されていて、家の固定電話が通じないときでも、外の公衆電話に行けば通じることを知った。

 

https://blogs.yahoo.co.jp/mymomomi/28506900.html

 

https://blogs.yahoo.co.jp/mymomomi/42131946.html

 

これ以来、10円玉をためている。

 

今回調べてみたら、小学生の8割は公衆電話を使ったことがなく、そもそも3割はその存在自体知らないという。

無理もない。が、学校や家で一度練習させておいた方がいいだろう。

 

私が子供のころはまだ電電公社だった。電話の取り付けも、依頼してから延々何か月も待たなければならなかった。

市外通話料金も高かったから、父母は、夜8時まで待ってかけていた。

私は高校1年のとき、父の転勤に間に合わず、1学期をひとり下宿して高校に通っていたことがある。まだ15歳だったから親と離れるのはさみしかった。しかし、その家の電話を借りて親にかけるときは、いちいち電電公社に通話を申込み、

「通話が終わったらあとで料金を教えてください」

と依頼し、それで聞いた料金を下宿に払っていた。

 

年ごろになって、男からかかってきても、出てほしくないときに母が出てしまった。

内緒の通話なんて、あのころはありえなかった。

人と待ち合わせをするのも、いったん外に出てしまったら、コンタクトすることは不可能だった。会えずに待ちぼうけ食らうことも、特に珍しくなかった。

 

一言でいうと、人に電話をするのは、昔、結構大変だったのだ。

一人1台電話を持ち歩く今では、信じられないことである。親な他人に聞かれたくない通話は聞かれなくて済むようになったし。

そして、

「お電話貸してください」

という言葉も完全に死語になった。

電話の世界が、いかに変貌したことか。ありがたや。

それであっても、公衆電話は、みんなで「ユニバーサルサービス料」を携帯料金に上乗せされても、大切にしよう、というのが結論である。

 

2019/09/16

「ワンちゃんの後始末看板」日米版

これを「イヌクソ看板」と称し、趣味として集中して撮影している人がいるそうだ。私も結構好きかも。

 

うちの近所には、こういう看板がある。イラストは可愛い。

 

 

下は、旦那がアメリカのTwitterで発見したもの。

 

 

「あなたのワンちゃんにこれができなければ、フンの後始末に責任を持ちましょう」

 

これってもしかしたら、日本の看板にinspireされたんじゃないか、と思う。

2019/09/15

「牛乳に氷」は変だよね

外で「アイスミルク」を頼むと、氷が入ってくる。

ホットの時は当然、温めるだけで、店側は何も入れてこないけど、「冷たい牛乳」だと、どうしてご丁寧に氷を入れてくるんだろう?

あれでは牛乳が薄まってまずくなるだけだ。

温度がぬるくなってもいいから、氷は入れないで欲しい。

これと同じなのが、インド料理店で「ラッシー」を頼むとき。これにも氷が入っている。

どっちも要らないのに~。


「氷なしで」

と頼んでもいいのだろうか?私は日常では大変気が弱いし(ホント)、店側ともめるのもいやなので、黙ってそのまま飲んでくるが、あれは、店側も、牛乳の量を節約しているっていう意味もあるんだろう。

日本中「アイスミルクとラッシーには氷を入れない」というルールでもできないだろうか?


もし私が店主だったら、氷は、水でなくて牛乳で作ったものを入れるぞ。

2019/09/14

神奈川新町駅にて

所用があったので、京急線の神奈川新町で下車した。

あの大事故は、9月5日、か。

私以外にも、何人かスマホを取り出して写真撮影していた。

 

f:id:nihon-momo:20190914164842j:plain

 

交通標識がゆがんでいた。

 

f:id:nihon-momo:20190914165030j:plain

これに、トラックがぶつかったんだろう。

 

f:id:nihon-momo:20190914165219j:plain

踏切の近くの線路ぎわに置かれた花束。もう枯れはてていた。

上には、飲み物のパックが置かれていた。

 

f:id:nihon-momo:20190914165253j:plain

 

こんなに狭い2メートル通路を、よく13トンのトラックが通れたものだと思う。

運転手は、道を間違えて、どんなにか焦っただろう。

 

そして私は、昔から、先頭車両には極力乗らないようにしてきたが、これからもそうしようと思った。